「最小限の改造で最大限の効果を!」カンサイサービス謹製の剛性アップパーツにGRスープラ用が登場

GRスープラ全グレードに取り付けが可能!

最小限なのに”効く”アイテムがリリース開始

闇雲に各部のスペックを増強するのではなく、ベース車両が持つ“素材の良さ”を見定めながらチューニングを展開していく老舗“カンサイサービス”が、GRスープラ用のボディ補強アイテムをリリースする。コンセプトは「最小限のアイテムでモノコック保護&剛性アップ」というものだ。

まず、フロントセクション用に開発されたのは“フロントタワーブレス”。これは、アッパーマウントとコアサポートの縦方向をスチール製オーバルシャフトで接続、左右方向はアルミオーバルシャフトで繋いで剛性を高めるというもの。カンサイサービスが導き出した、最も効率の良いポイントでの補強がこの繋ぎ方だったそうだ。

室内側では、純正装着のアルミ角パイプとコンバートする“リアアッパーブレス”を開発。堅牢なφ35スチールシャフトにて製作されている他、取り付けボルトの本数を増やすことで応力を分散。無理なくモノコックを強化&保護するわけだ。

また、このリアアッパーブレスはレーシングハーネス固定用としても使える上、中央部には動画撮影用カメラなどを固定できるようブラケットが設けられているのもポイント。装着によって実用性がスポイルされるどころか、大幅に向上するボディ補強パーツなのだ。

価格はフロントタワーブレスが2万6000円、リアアッパーブレスが2万3000円。簡単取り付けでカンサイサービスの調律術を体感できるこれらのアイテムは、全GRスープラオーナー必見だ。

●取材協力:カンサイサービス 奈良県奈良市小倉町1080 TEL:0743-84-0126