道頓堀に琢磨の完璧なグリコポーズが登場! 道頓堀グリコサインでインディ500優勝祝福メッセージを放映

 8月23日に行われた第104回インディアナポリス500マイルレースで2度目の優勝を果たした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)。この快挙を記念し、9月4日から大阪・道頓堀グリコサインにて祝福メッセージが放映される。

 2010年から佐藤琢磨をサポートしている江崎グリコ。琢磨が主催するTAKUMA KIDS KART CHALLENGEなどの協力も行なっている。

 2017年に琢磨がインディ500初制覇を達成した際、道頓堀にあるグリコサインに祝福メッセ―を放映。このグリコサインは1935年に設置され、今や大阪のおなじみの風景となっている。

 2017年の祝福メッセージで映し出された写真は、優勝を果たし両手を挙げて喜ぶポーズだったが、佐藤琢磨のTwitterに「足を上げれば完璧」という返信が。琢磨も「今度やってみる」と応じていた。

 そして、今年2度目の優勝を果たした際、マシンのうえで片足を挙げグリコの“ゴールインマーク”を披露。

「グリコのポーズはSNSで返答もしてましたし、優勝した年のファンクラブミーティングでも話していたんです。今年のクルマはエアロスクリーンが着いたので、まず両足で立ってみたら立てたんで、やっちゃおうかなと思って、片足を上げてみました(笑)」と琢磨は日本向けのメディア会見でコメントしている。

 2度目のインディ500優勝を祝し、江崎グリコは道頓堀グリコサインに祝福メッセージを放映することを決定。

 今回は琢磨が披露した完璧なグリコの“ゴールインマーク”を含めた写真とメッセージが、9月4日18時50分から17日まで日没30分後から22時の間に15分ごとに放映される予定だ。

 史上20人目となるインディ500マルチ勝利を達成した佐藤琢磨。その雄姿を道頓堀グリコサインでご覧いただきたい。