「さらばGTIIシリーズよ」HKSの名作タービンが生産終了、ブラック&ゴールドのファイナルモデルが花道を飾る!

このタービンはプレミア化必至!

HKSからGTII8267ファイナルエディションが登場

純国産モデルとして、長年エンドユーザーに愛され続けたHKSのボールベアリング式タービン“GTIIシリーズ”。製品の統廃合の影響でラインナップから姿を消すことが決まり、それに伴って、GTIIシリーズ最大風量を誇るGTII8267(正回転タイプ)のファイナルエディションが数量限定で発売された。

サイズ的にターゲットは1JZ-GTEやRB25DET辺りとなるが、ブラックで特殊表面処理されたコンプレッサーハウジングとゴールドのポーテッドシュラウドの組み合わせは、GTIIの最後を飾るに相応しいクオリティだ。

ターボ入口フランジ形は“T25型”と“3ボルト型”の2モデルが設定され、価格はどちらも35万8000円。完全数量限定販売となるだけにプレミア化は必至。本気で狙っている人は迷っている暇などないだろう。

●問い合わせ:エッチ・ケー・エス 静岡県富士宮市北山7181 TEL:0544-29-1235