「ハチロクに400馬力の3Sターボエンジンを換装!」超マッチョなワンオフフェンダーも見どころだ

400馬力のAE86レビンは超刺激的!

迫力のスタイリングに負けない走りを実現したハチロク快速仕様!

前後に大きく張り出したワイドフェンダーが迫力のシルエットを醸し出すAE86レビン。これは、オーナーが知り合いに頼んで製作してもらったというワンオフもので、9.5Jのホイールをあっさり飲み込みながらも、スタイルを崩すことなくより攻撃的なフォルムに昇華させている。

そんな大迫力のスタイリングに負けじと、エンジンも3S-GTEへのスワップを敢行。吸排気環境を煮詰めつつ、ウエストゲート式のTD06-20Gタービンを組み合わせることで400psものパワーを発揮させている。元々は4A-Gのままターボ化していたそうだが、度重なるトラブルに耐えかね、より信頼性の高いベースエンジンに載せ換えたのだ。

ワイド化されたフェンダーに収まるのは、17インチのワークマイスターS1。リム幅は前後9.5Jだ。さらにブレーキにはセルシオ純正のモノブロックキャリパーを移植し、高出力化に対応したグリップ力とブレーキ性能を手に入れている。

給油口のパネルもワイドフェンダーのシルエットを崩さぬよう、エッジに合わせて造形。開閉アクションもよく考えられていて、ワンプッシュで上部が開くギミックを盛り込んでいるのだ。

室内も非常にレーシーなメイキングだ。メインメーターはカーボンパネルにオートメーターを5連で配備。ステアリングはトムス、ロールケージも装着されている。ミッションはSXE10アルテッツァ用の6速を流用、シフトゲート前にはブレーキバランサーも確認できる。

滑らかな曲線を描きながら盛り上がった前後のフェンダーは、無骨さとスタイリッシュさを両立させており、ワンオフならではのオリジナリティを感じさせるポイント。見た目重視のワイドボディスタイルが増えつつある中において、逆に新鮮さを感じさせてくれる一台だ。(OPTION CARAVANより抜粋)