コンパクトな前後2カメラ式、従来比で約2.6倍の表示解像度の「ストラーダ F1X PREMIUM10」専用ドライブレコーダー「CA-DR03HTD」を発売

■2020年秋モデルとして登場

2020年秋モデルとして「ストラーダ」ナビを新たにリリースしたパナソニック オートモーティブは、SDカーナビステーション「ストラーダ」の「F1X PREMIUM10」専用となるドライブレコーダー「CA-DR03HTD」を2020年10月中旬に発売すると発表しました。

パナソニック ドライブレコーダー
ドライブレコーダー「CA-DR03HTD」のフロントカメラ

ドライブレコーダー「CA-DR03HTD」のフロントカメラドライブレコーダーの注目度が再び高まっています。契機になったのは、2020年6月30日に妨害運転(あおり運転)に対する罰則が創設されたことで、被害者、加害者の両面での自衛手段として、車両の前後方を録画するドライブレコーダーのニーズが高まっているわけです。

ドライブレコーダー「CA-DR03HTD」は、視界を邪魔しない小型の広視野角2カメラ式で、車両の前後方向を同時にフルHDで録画できます。「ストラーダ」の10V型有機ELモデルとHD-TVI接続により、従来比で約2.6倍の表示解像度を実現。HD画質により、前後方の録画映像やリアルタイムの後方映像をカーナビ画面に表示できるのがポイント。有機ELの高精細な大画面で鮮明な映像をすぐに確認できます。カーナビの大きな画面で操作がしやすく、録画映像をその場で確認可能なほか、ドライブレコーダーの各種設定もカーナビ画面で簡単にできます。

■あおり運転の確認やルームミラーの補填に使用できる「ワンタッチ後方ビュー」を搭載

パナソニック ドライブレコーダー
後方からのあおり運転の確認やルームミラーの補填に使用できる「ワンタッチ後方ビュー」機能を用意

後方からのあおり運転の確認やルームミラーの補填に使用できる「ワンタッチ後方ビュー」機能、リバース連動により後退時に目視を補助する「リバース後方ビュー」機能を搭載。「ワンタッチ後方ビュー」は、後方からのあおり運転の確認や、同乗者や荷物が視界を遮りルームミラーで後方確認が難しい場合など、ナビ画面で車両後方の様子を確認することができます。こうした、カーナビ連携専用ならではの機能により、ドライバーの後方視界が支援されるのも同アイテムの魅力です。

さらに、録画映像を前後同時再生や前後を切り替えて再生できるほか、前後方の録画映像をカーナビ画面で同時に再生したり、前後を切り替えたりして、それぞれ確認することもできます。ほかにも、録画映像と地図を2画面表示も可能。

パナソニック ドライブレコーダー
ドライブレコーダー「CA-DR03HTD」のリヤカメラ

また、録画地点を地図で確認しながら映像再生もできます。ナビの正確な位置情報や地図情報を活用し、録画映像の再生時に地図で録画地点を確認することや、運転速度、加速度のグラフ表示や急加減速/急カーブなどのイベント表示にも対応しています。

なお、カメラにはF値1.4の明るいレンズが使われていて、夜間にヘッドライトが当たらない範囲も鮮明に録画するとしています。高感度CMOSセンサーの搭載により、画像補正技術HDR(ハイダイナミックレンジ)機能を搭載。夜間にヘッドライトが当たらない範囲も鮮明に録画し、視界の悪い夜間の走行時や駐車時でも鮮明に録画します。

パナソニック ドライブレコーダー
ドライブレコーダー映像の前後同時再生も可能

また、振動を検知して録画を開始する駐車録画機能も搭載され、視界の悪い夜間の走行時や駐車時も見守ってくれます。ドライブレコーダー搭載を車外に認知させるオリジナルステッカーを付属し、あおり運転の防止に効果が期待できます。さらに、専用ソフト「DR Video Viewer」を使い、パソコンで録画映像をより詳しく確認できます。前後方の録画映像の同時再生や切替再生に対応。映像の部分拡大、明るさ・コントラスト調整、鏡像の反転再生にも対応しています。

実機で録画された前後映像を確認したところ、非常に高精細でしかもワイドに映し出されているのが印象的でした。ストラーダ「F1X PREMIUM10」を購入するのであれば、セットで装着したい2カメラ式前後2カメラドライブレコーダーになっています。「CY-RC500HD」の価格はオープンで、市場想定価格(税込)は4万6000円前後となっています。

(文/写真 塚田勝弘)