全日本ロード:第2戦岡山の開催が中止に。西日本に接近する台風10号の影響で

 9月2日、岡山国際サーキットは、台風10号(ハイシェン)が西日本に接近していることを受けて9月5~6日に開催される予定だった『2020 MFJ 全日本ロードレース選手権 第2戦 スーパーバイクレースin 岡山』を中止すると発表した。

 新型コロナウイルスの影響でシーズンのスタートが遅れた2020年の全日本ロード。8月9~10日にスポーツランドSUGOで第1戦が行われ、JSB1000、ST1000、ST600、J-GP3の全4クラスが開幕を迎えた。そして8月25日に全5戦のカレンダーに更新されている。

 第2戦は岡山国際サーキットで今週末に開催が予定されていたが、西日本地区が予想される進路となる『台風10号』の接近に伴い、岡山大会は開催中止が決まった。

 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)と岡山国際サーキットが協議した結果、広範囲かつ甚大な影響が出る恐れがあるため、観戦客、競技参加者、関係者の安全を優先する決定を下したという。

 全4戦となった今季の全日本ロード。次戦は9月19~20日に大分県で行われるオートポリス大会となる。

 なおチケット等の払戻し等については、後日岡山国際サーキットのホームページで案内されるようだ。