WTCR:2020年開幕戦はザルツブルクリンクからゾルダーへ急きょ変更。訴訟問題にも発展か

 9月12~13日にオーストリア・ザルツブルクリンクでの2020年開幕戦を予定していたWTCR世界ツーリングカー・カップだが、その日程を維持したまま会場を急きょベルギーのゾルダーに変更することが発表された。この結果、無観客開催は継続ながらTCRヨーロッパ・シリーズとの併催イベントとなり、木曜にはシリーズ公式テストの実施も決まっている。また、この決断に際してプロモーターであるユーロスポーツイベントは、ザルツブルクリンクに対し訴訟を検討していることも明らかになった。

 開幕直前のこのタイミングになって、オープニングレースの会場を変更するという異例の決断を強いられた背景には、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の蔓延状況を受け、ザルツブルクリンクのサーキット代表が「レース開催を許可しない」と判断したことが発端となった。

 その同じ日付で新たにWTCR開幕戦をホストすることになったベルギーのゾルダー・サーキットだが、すでに同週末はTCRヨーロッパ・シリーズの第2戦開催が予定されていたこともあり、WTCRのカレンダー変更はすでにFIA国際自動車連盟によって承認されている。

「シーズン開始の3週間前になって会場を変更することは予想外の出来事だったが、当面の優先事項は別の解決策を提示することだった。FIAとジャン・トッド代表が、このような短期間で新しいシーズン開幕計画を承認してくれたことに感謝したい」と語るのは、シリーズプロモーターであるユーロスポーツイベント代表のフランソワ・リベイロ。

「予告なしにスケジュールを調整することは理想的ではないが、我々は当初から可能な限り最大数のイベントを維持するよう努力してきた。これは、すべての関係者やステークホルダーの利益を中心に、プロスポーツとしての信頼性を確保するためだ」と続けるリベイロ。

「国際的なモータースポーツイベントのレベルで高い実績を持つサーキット・ゾルダーとのパートナーシップが、この機会を実現し我々の窮地を救ってくれた。FIAやゾルダーの経営陣ともヨーロッパでのCOVID-19の蔓延状況を監視し、近隣諸国のすべてのWTCRチームが確実に参加できるよう準備を進めていきたい」

オランダ国境にも近い森の中に位置する、起伏に富んだトラックが、2020年WTCR開幕戦の舞台に

■3週間前という段階での「一方的な通知にショックを受けた」

 その一方で、開幕直前に会場変更を強いられたWTCR、ユーロスポーツイベントとしても、損失補填やTV放映スケジュールの変更、そしてシリーズの信頼性確保の問題から、ザルツブルクリンクの運営組織に対して訴訟を進めることを検討していると明かした。

「今回の通達は、多くの重大な物流上の問題を引き起こし、我々の運営チームに深刻な不利益を引き起こした。これはシリーズ全体にとっても、財政的およびパブリックな面での信頼性低下をも意味する」と語るリベイロ代表。

「この結果を受け、ユーロスポーツの法務部門はWTCRの利益を保護するために、ザルツブルクリングに対してロンドンの裁判所での訴訟を準備している」

 現実的なレースウイークは約1週間後に迫っており、参戦各チームもロジスティクスの面で急な変更などの各対応を迫られることが予想される。

「ここまで長期にわたってシーズン開幕戦の準備をザルツブルグリングの経営陣と進めてきており、3週間前の段階でイベントを主催しないことを決定する一方的な通知にショックを受けている」と続けたリベイロ。

 すでに全6戦への縮小とヨーロッパ圏内限定での開催が決まっている2020年のWTCRだが、そのシーズン中にファンをサーキットに迎える可能性は「限りなく低いだろう」とも付け加えた。

「開幕以降、予定どおりのスケジュールで進行する全6戦の週末にファンを迎えることはできそうにないが、すべてのソーシャルメディア、オンライン、放送のリソースを活用して、これまでとは違う“ファン・エクスペリエンス”を提供するつもりだ」

「我々は持てるすべてのリソースを活用し、需要を満たし、ファンが安全な自宅からアクションを楽しむことができるよう多くの刺激的なプランを用意している。ただし何よりも安全を確保し、すべての所属政府のガイドラインに従って欲しいと願っている」

感染症のパンデミックという世界的有事ではあるものの、ザルツブルクリンクに対しては訴訟が検討されている