WorldRX:第7戦ベルギーの日程が変更。第9戦として11月にスパで開催へ

 9月1日、WorldRX世界ラリークロス選手権は10月3~4日に開催が予定されていた2020年シーズン第7戦ベルギーの日程を11月21~22日に延期すると発表した。

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の世界的大流行の影響をうけて年間スケジュールを大きく変更することになった今季のWorldRX。
 
 各国が“ロックダウン”を実施するなかで、eスポーツを活用した『WorldRX Esports』を開催するなどラリークロス界を盛り上げてきたシリーズは8月22日、ついに現実での2020年シーズンをスウェーデンでスタートさせ、先月29~30日には隣国フィンランドで第3・第4戦を実施している。
 
 また、9月19~20日には第5・第6戦リガ・ラトビアがの開催が予定され、翌月にはスパ・フランコルシャンでの第7戦ベルギーが行われるはずだった。
 
 しかし今回、このベルギー戦の延期がアナウンスされ、同大会が11月21~22日のスロットに移動することが明らかにされた。

 シリーズの発表によれば、大会の延期はより多くのファンを迎えることができるようにするためものとされている。ベルギーでは現在、集会やイベントに関する規制が敷かれ、10月の時点では400名程度しか入場が許可されないのだ。

 このため、FIA国際自動車連盟とベルギーのASN(モータースポーツ統括団体:日本ではJAFが担当)、そして地元イベント主催者による協議が持たれ、関係者による慎重に検討が行われ結果、11月への延期が決まったとされている。

 なお、同週末はWRC世界ラリー選手権最終戦ベルギーが行われ、競技最終日の21日にはスパ・フランコルシャンでのステージも予定されている。

■WorldRX世界ラリークロス選手権 2020年改訂版スケジュール(9月1日付)

Round Event Date
Rd.1-2 スウェーデン 8月22~23日(終了)
Rd.3-4 フィンランド 8月29~30日(終了)
Rd.5-6 リガ・ラトビア 9月19~20日
Rd.7 ポルトガル 10月10~11日
Rd.8 カタルーニャ・バルセロナ 10月17~18日
Rd.9 ベルギー 11月21~22日
Rd.10 ドイツ 12月12~13日