ランドローバー ディスカバリースポーツに2021年モデルが登場。最高出力290psを誇る「ブラック」も追加

Land Rover Discovery Sport Black

ランドローバー ディスカバリースポーツ ブラック

ディーゼルに高効率マイルドハイブリッドを搭載

「5+2シート」による自在なアレンジにより、ファミリー層から高い人気を集めるプレミアムコンパクトSUV、「ディスカバリースポーツ」。高効率マイルドハイブリッドシステム(MHEV)を採用したIngeniumディーゼルエンジンや、最新インフォテインメントシステムを搭載し、様々な変更を受けた2021年モデルが登場した。

また、今回の変更に合わせて最高出力290psを誇るハイパフォーマンス仕様「ディスカバリースポーツ ブラック」も追加されている。

ランドローバーのグローバル・プロダクト・マーケティング・ディレクターのフィンバー・マクフォールは、ディスカバリースポーツの2021年モデルについて、以下のようにコメントした。

「次世代マイルドハイブリッド・ディーゼルエンジンは、ディスカバリースポーツにさらなる効率性をもたらしました。また、今回加わった『ディスカバリースポーツ ブラック』は、独自の魅力を持っています。最新インフォテインメントシステムの『Pivi Pro』を追加したことで、より多用途性が深まったと言えるでしょう」

ディスカバリースポーツ ブラックの走行シーン

高効率から高出力まで幅広いエンジンラインナップ

2020年初頭に発売されたプラグインハイブリッドモデルの「P300e」に続き、ディスカバリースポーツ ブラックのエンジンラインナップにも変更が加えられた。

次世代2.0リッター直列4気筒Ingeniumディーゼルエンジンに、マイルドハイブリッド(MHEV)システムを採用。このMHEVシステムは、ベルト駆動スターターモーターとバッテリーパックによって、ブレーキング時にエネルギーを回生して48ボルトのバッテリーに充電する。電動モーターによる走行性能の向上だけでなく、燃費も大幅な向上が促された。

最高出力によりふたつの仕様が用意されており、「D165」は163ps、「D200」は204psというスペックを持つ。

そしてガソリンエンジンモデルにはディスカバリースポーツ ブラックを追加。最高出力290psを発生する2.0リッター直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速7.4秒という俊足を誇る。スポーティな専用エクステリアが与えられながら、ファミリー層向けの使い勝手も確保されているのが特徴だ。

ディスカバリースポーツ 2021年モデルのドライブ支援システム

最新のインフォテインメント&安全システムを採用

ランドローバーの最新式インフォテインメントシステム「Pivi」を、ディスカバリースポーツにも導入。このシステムは、ソフトウェアのアップデートを車両に内蔵されたデータ接続システムを介して無料で提供する。これにより、カスタマーはランドローバーのディーラーネットワークに出向くことなく、常に最新のマップ、アプリ、車両機能を利用できるようになる。また、標準搭載の「Pivi」に加えて、より高度なAIによるテクノロジーを搭載した「Pivi Pro」を選ぶことも可能だ。

さらに音楽サブスクリプションサービス「Spotify」が、インフォテインメントメニューに初めてデフォルトで組み込まれた。Bluetoothを介して2台の携帯電話を同時に接続できるほか、シグナルブースト機能を備えたスマートフォン用ワイヤレス充電機も搭載。車両に接近するだけでドアロックの施錠・解除や、エンジンを始動させたりすることができる第2世代の「アクティビティキー」も導入されている。

その他の技術的なアップデートとして、自動ブレーキ機能付き「リヤトラフィックモニター」を搭載。この新型リヤビューモニターは、レーダーにより車両後方を常時監視することで、後方からの追突時にパッセンジャーの衝撃を軽減することができる。また、3Dサラウンドカメラの導入により、ドライバーは車両の周囲で何が起こっているかを確認することが可能になり、視界の悪い場所におけるドライブが容易になった。

ディスカバリースポーツ 2021年モデルのインテリア

豊富なシートアレンジを可能にした「5+2シート」

ディスカバリースポーツは、「40:20:40」の分割可倒式セカンドシートに加えて、エーマージェンシー用に「+2」シートを採用。用途に合わせて24種類ものシートアレンジが可能となっている。

そして、イヴォークの2021年モデルと同様に、都市部や交通量の多い場所で飛散しているPM2.5などの有害な微粒子物質をキャビンから除去する「キャビン・エア・フィルトレーション・システム」を新たに搭載した。この全く新しいシステムは既存の「キャビン・エア・イオニゼーション」に追加するかたちで導入され、微小粒子状物質、アレルゲン、花粉、さらには強い臭気をも除去。超微粒子(PM2.5以下)も遮断することが可能になっている。

パッセンジャーはタッチスクリーンから「ピュリファイ(Purify)」モードを選択するだけでシステムが起動し、車内の空気を外気と比較しながら断続的にモニタリングする。タッチスクリーンからは、リアルタイムで車内の空気の状況を確認することが可能だ。