ラッセル「悪いタイミングで悪い場所にいた。ヘイローがあって本当に良かった」:ウイリアムズ F1第7戦決勝

 2020年F1第7戦ベルギーGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのニコラス・ラティフィは16位で完走。チームメイトのジョージ・ラッセルは、クラッシュしたアントニオ・ジョビナッツィ(ウイリアムズの)のマシンから外れたタイヤにぶつかり、その影響でウォールへクラッシュしリタイアに終わった。

■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=16位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2020年F1第7戦ベルギーGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 レースのスタートと言うか、もうフォーメーションラップの時から、クルマのフィーリングが良くなかった。ひどくバランスが悪かったんだ。金曜や土曜と比べると、かなりコンディションが違っていて、本当に難しいチャレンジになった。

 それでも、ロマン(・グロージャン)やフェラーリ勢を追って、全開でプッシュした最後のスティントは楽しかった。全体としては、ものすごくタフなレースだったけどね。

ジョージ・ラッセル 決勝=リタイア
 悔しいね。僕は悪いタイミングで悪い場所にいたんだ。あの状況ではどうすることもできなかった。アントニオ(・ジョビナッツィ)のクルマを避けるために左へハンドルを切ったが、どこからともなく彼のクルマのホイールが飛んできてこっちのフロントに当たり、結果としてウォールに突っ込んだ。衝撃はかなり大きかったけど、僕は大丈夫だ。ヘイローがあって本当に良かったと思うよ。あのホイールが僕のヘルメットの方へ飛んできてもおかしくなかったからね。

 とても不運な条件がいくつか重なった。だけど、それもレースでは時として起きることだ。あの時点までは、いいリズムに乗れてハースの1台を抜いていた。でも、僕らにとっては、やはり長く厳しいレースになっていただろうね。

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2020年F1第7戦ベルギーGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)