サインツJr.「2年連続ベルギーでレースができなくて本当にガッカリ」:マクラーレン F1第7戦決勝

 2020年F1第7戦ベルギーGPの決勝レースが行われ、マクラーレンのカルロス・サインツJr.はガレージを出てグリッドに向かう途中にトラブルに見舞われ、レースをスタートすることができなかった。

■マクラーレンF1チーム
カルロス・サインツJr. 決勝=DNS
 このベルギーで2年続けてレースができないなんて、本当にガッカリだ。レースの様子を見る限り、7番手グリッドからスタートしていれば、好成績と大量得点の可能性は十分にあったのに、そのチャンスを逃してしまった。その点では、ハッピーと言うには程遠い気分だ。

 エンジンのトラブルは、これで今年2度目だ。獲れたはずのポイントを失ったフラストレーションは、すんなりとは受け入れがたい。これまでのところ、僕らに相応しい結果が得られていないシーズンだと、強く感じている。だけど、もうそのことは忘れて、明日からはモンツァに気持ちを切り替えるよ。そして前へ進み続ける。

カルロス・サインツJr.(マクラーレン)
2020年F1第7戦ベルギーGP レコノサンスラップでトラブルに見舞われ、ガレージに戻されたカルロス・サインツJr.(マクラーレン)