「これがレヴォーグの打倒VABパッケージだ!」360馬力のパワーとCVTの組み合わせは快適すぎる

ブーストアップのVABとも互角以上の性能を発揮!

2ペダルのイージードライブで操るレヴォーグ360馬力仕様

伝統のEJ20がショートストロークならではの高回転・高出力を特徴とする一方で、スクエアストロークのFA20DITは低中速トルクの太さが魅力。燃料直噴ならではの高圧縮ターボで、レスポンスに優れるのもポイントだ。

ストイックなスポーツ思考だとミッションがCVTだということがマイナス要素に思えるが、2ペダルでイージードライブできることはストリートでは有利。それにユーティリティ抜群のワゴンボディでVAB以上の走りを実現すれば、それは痛快そのものと言えるだろう。

そのカギを握るのが、AVOターボワールドのタービンキット(25万円)。ギャレットT25系のオリジナルタービンで、400psオーバーも可能な風量を持っているが、取材車両はCVTとのマッチングを考えて最大ブースト圧1.3キロに抑えて360psを発生。このパワーがあれば、VABのブーストアップ仕様とも互角以上に戦うことが可能だ。

なお、この時に燃料系の強化は必要なし。直噴インジェクターの容量も十分。燃料ポンプも純正のままでOK。もちろん、ECUセッティングは必要で、AVOターボワールドでは純正書き換えで対応する。ちなみに、タービン交換とECUチューンの予算は50万円〜が目安になるそうだ。

そして、FA20DITチューンで重要となるのが吸気系。「特にインタークーラー交換は効果的ですね。純正はインタークーラーの出口径が入口径よりも細いんです。高性能の大容量タイプに換えることで、吸気温度の低減に加えて圧力損失も抑えられますので、レスポンスが格段に高まりますよ」とはAVOターボワールドの江角さん。

レヴォーグやWRX S4のミッションはCVTのみの設定となるが、ターボ特有のトルク変動を吸収できるのが無段階変速機であるCVTのメリットだ。AVOターボワールドはその魅力を最大限に引き出すようセッティングを施し、低速域からの切れ味抜群の加速力を発揮させる。

新型レヴォーグの登場により、さらに狙い目のチューニングベース車両となるVMG型。今後盛り上がっていくであろうレヴォーグチューニングから目が離せない。

●問い合わせ:AVOターボワールド 東京都昭島市武蔵野2-13-13 TEL:042-549-1296