「次世代クロススポークの輪郭」グラムライツFXシリーズの最新モデルが登場【最強ホイール解体新書】

細やかな造形美がシャープに冴える57FXM

次世代クロススポークの様式美

スポーツホイールとしての性能追求はもちろん、デザインやフィニッシュにおいても鋳造製法の限界を攻め抜くグラムライツ。“次世代”を指すFXシリーズとして新たなフラッグシップモデルへ据えられた57FXZに続き、レイズワールドツアーで披露されたのはシリーズ第2弾となる57FXMだ。

このモデルはシャープなY字スポーク交点部へ奥行き感もたらす縦長ホールを設けた57FXZのデザインテイストを受け継ぎつつ、2×7のクロススポークで展開されている。

そのため、開口部際立つ2×5で構成された57FXZからはアグレッシブな躍動感を受けたが、メッシュライクなクロススポークへ導かれた57FXMは印象がガラリと変わり、躍動感の中に落ち着き備えたアダルトスポーティな一本となっているのだ。

なお、57FXZでは縦長ホールのアウトラインを強調するようにマシニングでのアクセント付けを施していたが、上質で重厚なマットグラファイトカラーを採用した57FXMはマシニングレス。スポーク交点部が集約されていくセンターパートはもちろん、リムフランジでも立体感を引き出した細やかな造形美がシャープに冴えるよう、輝きというアクセントはあえて排除されている。

クロススポークで全体に落ち着きを引き出しながら、グロスブラックのセンターキャップをアクセントとして投入。まさに匠の質感コントロールだ。

さて、気になるデリバリーは10月頃に19インチからスタート予定だ。当然ながら18インチも鋭意開発中だが、足元の落ち着き感を高める57FXMの魅力を存分に味わうなら、ハイグリップタイヤの選択肢も増えている19インチで決めていきたいところ。次世代クロススポークが引き出した様式美を愛車に添え、アダルトスポーティな一台を目指していこう。

製品仕様

GRAM LIGHTS 57FXM

サイズ:18×8.0J〜19×9.5J

カラー:マットグラファイト(MF)