アルバロ・バウティスタ「マシンは明らかに前進している」/SBK第4戦アラゴン

 スーパーバイク世界選手権(SBK)第4戦アラゴンラウンドがスペインのモーターランド・アラゴンで開催。レース1、レース2を終えトップ3に入ったライダーと日本人ライダーの高橋巧がレースを振り返った。

SBK第4戦アラゴン レース1 決勝トップ3コメント

■Aruba.it レーシング-ドゥカティ
スコット・レディング レース1:優勝

2020年SBK第4戦アラゴン スコット・レディング、チャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)
2020年SBK第4戦アラゴン スコット・レディング、チャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)

「今朝までベストなフィーリングではなかったので、本当に嬉しいよ。スーパーポールで何かが変わったのかもしれないが、コンディションは理想的ではなかった。良い結果を出すために、トップグループから離されないことだけを考えて、ライディングに集中した」

「レース中にマシンのフィーリングが良くなって、素晴らしい勝利を収めることができた。この勝利は、決してあきらめずにハードワークを続けてくれたチーム・スタッフ全員に捧げたい」

■Aruba.it レーシング-ドゥカティ
チャズ・デイビス レース1:2位

「スターティンググリッドはまったく良くなかったが、素晴らしいスタートを切り、レース序盤でポジションを挽回するためのペースを掴むことができた。マシンのフィーリングも良く、トップグループとのギャップを縮めることができた」

「その後はタイヤを温存することを考えて走ったが、スコットとレイがトップ争いをしているのを見て、ハードにプッシュした。もう1周あれば、スコットをオーバーテイクできたと思うが、彼は巧みに僕のアタックを退けて、ポジションをキープしていた」

■カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK
ジョナサン・レイ レース1:3位

2020年SBK第4戦アラゴン ジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)
2020年SBK第4戦アラゴン ジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)

「今日のレースは少し何かが欠けていたけど、スーパーポールの予選セッションは満足していた。レースでは本当に良いバイクだと感じていたが戦うことができなかった。悪いスタートを切ってしまったが、最初から前に出ようとしたトライした。スコット(・レディング)が来たとき、彼はリズムを維持して良い走りをしていたね」

「最初の3つのセクターはよくなかった、わずかな差だがチャズ(・デイビス)やスコットのようなライバルがいるとクリティカルエリアでそんな時間を失うわけにはいかない。レース開始時、スコットがリードしたことでピットボードのギャップが3位となったので悔しかった。今夜はチームと打ち合わせをして、明日強くなって戻ってくるよ」

■MIEレーシング・アルティア・ホンダ・チーム
高橋巧 レース1:15位

「今日は少しうれしいです。セットアップと自分のライディングの両方で少し前進できたからです。ほかのレースよりもいいスタートを切ることができました。でも1周目にミスをしてしまい、ポジションを落してしまいました。もっと力強い走りをして、プッシュしなければなりません。明日はさらに前進できるように全力を尽くします」

SBK第4戦アラゴン レース2 決勝トップ3コメント

■カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK
ジョナサン・レイ SPレース:優勝/レース2:優勝

2020年SBK第4戦アラゴン ジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)
2020年SBK第4戦アラゴン ジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)

「レース2ではチャズがワイドになりターン1でアタックするチャンスを得たとき、すぐにかわして自分のリズムを作りたかった。今日はこれほどのペースは期待していなかったから驚いたけど、スーパーポールレースが僕に自信を与えてくれた。僕が1分50秒台で周回しタイヤに負荷をかけたとき、いつグリップがなくなるのかを管理するのは簡単だった。昨日のレースから学んだんだ」

■Aruba.it レーシング-ドゥカティ
チャズ・デイビス SPレース:5位/レース2:2位

2020年SBK第4戦アラゴン チャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)
2020年SBK第4戦アラゴン チャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)

「今週末は、良いレースができて嬉しい。優勝することに越したことはないが、チームの作業には本当に満足している。金曜日からずっと、高い戦闘力を保つことができた。(レース2では)スタートがうまく行かなかったので、後続グループを攻略しなければならなかった。その後は、速いペースで周回して、最後のコーナーまでジョニー(レイ)とバトルすることができた。このまま好調を維持して、来週のレースに臨みたい」

■Team HRC
アルバロ・バウティスタ SPレース4位/レース2:3位

2020年SBK第4戦アラゴン アルバロ・バウティスタ(Team HRC)
2020年SBK第4戦アラゴン アルバロ・バウティスタ(Team HRC)

「表彰台を獲得できてとてもうれしいよ。一生懸命仕事に取り組んだ結果だ。今週末は一歩前進することができた。SPレースの4位もうれしいけど、(10周という)限られた周回数でレースをするのは簡単なことではない。もちろんまだやるべき仕事はあるけど、優勝という目標に近付いている」

「マシンがよくなってきているのでうれしい。ポテンシャルがあることは明らかだ。あとはパッケージ全体を調整し、一歩一歩仕事を進めていくだけだ。HRCとHonda、そしてさまざまな問題を解決してくれたメカニックに感謝したい。明らかに前進しているし、レースをするたびに自信につながっている。来週同じサーキットでまた前進できるか楽しみだ」

■MIEレーシング・アルティア・ホンダ・チーム
高橋巧 SPレース:20位/レース2:18位

「今日はもっといい走りをしたかったです。今日はマシンのセッティングを変えていないのですが、残念ながら昨日のようなフィーリングがありませんでした。コンディションが少し違ったのかもしれません。全体的にはポジティブな週末だったと思います」

「昨日ポイント圏内でフィニッシュできたからだけではなく、3日間でこなした仕事もポジティブでした。この先のレースでも前進できることを願っています。表彰台を獲得したアルバロ(バウティスタ)とHondaにおめでとうと言いたいです。僕たちのモチベーションにもなりました」