重厚でいてスポーティなアウディQ8 55 TFSIクワトロで宇宙イチ美味しい蕎麦を食べに行こう!【SYE_X】

■オシャレで重厚なSUV、アウディQ8 55 TFSIクワトロは走ればスポーティでもあり

前回のアウディA8 55 TFSIクワトロに続き、今度はアウディSUVの中のフラッグシップモデル・Q8 55 TFSIクワトロ(Sラインパッケージ)に試乗中の国際モータージャーナリスト・清水和夫さん。

アウディQ8 55 TFSIクワトロ
アウディQ8 55 TFSIクワトロで宇宙イチ美味しいお蕎麦を食べに!

●アウディQ8 55 TFSIクワトロに乗って宇宙イチ美味しい(※清水和夫調べ)八ヶ岳の蕎麦を食べに…

「兄弟車のQ7より全長は短い(Q7=5065mm)けれど、Q8のほうがよりスタイリッシュでリヤゲートの角度がよりクーペっぽいデザインになっています。実用性を重んじたQ7か、デザイン的にスポーティに仕立てたQ8か」(清水)。

エンジン
アウディQ8 55 TFSIクワトロのエンジン。

エンジンは3L V6ターボ、ガソリンエンジンだけでも500Nmもあります。

「一昔前なら大きいSUVはディーゼルが定番。でも最近は環境対応や今後の電動化に備え、むしろガソリンエンジンのほうがモーターや電動化と相性がいいんです。ディーゼルをクリーンにするにはコストもかかるので、アウディはガソリン+電気モーターのほうが理があると考えているのかな? それにディーゼルは低速トルクがあると言っていたけど、もう低速トルク競争にガソリンが負けているということはないと思います」(清水)。

走りの面で、この高トルクは気持ちが良いそうです。

アウディQ8 55 TFSIクワトロの走り
ビッグサイズSUVでもスポーティさは失われていません。

「ちょっとアクセル踏んだだけでトルクがすぐにスッと出るので、ドライバビリティがいい」(清水)。

「サスペンションの技術が上がってきたので、重心の高いSUVでも高速走行は安定して走れるね。A8と比べてステアリングは重厚。でもダイレクトでクイックな動きをします」という清水さん。

試乗中の清水和夫さん
ちょっとアクセル踏んだだけでトルクがすぐにスッと出るので、ドライバビリティがいい!

ドライブセレクトについては「エンジンをかけた状態のデフォルトのAUTOで十分ですね」(清水)。

八ヶ岳おっとこ亭
ココは宇宙イチ美味しいお蕎麦屋さん、おっとこ亭!

さて、アウディQ8 55 TFSIクワトロとのドライブで着いたところは…。

「ココは宇宙イチ美味しいお蕎麦屋さん、おっこと亭。八ヶ岳の冷たい水で打っているので本当に美味しいんだよ!」(清水)。

あれ清水さん、食レポは?

(試乗インプレッション:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの)

インパネ
アウディQ8 55 TFSIクワトロのインパネ

■SPECIFICATIONS
車名:アウディQ8 55 TFSIクワトロ(デビューパッケージ Sライン+コンフォートアシスタンスパッケージ)
全長×全幅×全高:5005×1995×1690mm(※Sラインではない場合の全長は4995)
ホイールベース:2995mm
トレッド:フロント1680mm リヤ1690mm
車両重量:2200kg
エンジン:V型6気筒DOHCインタークーラー付ターボ
エンジン排気量:2994cc
ボア×ストローク:84.5×89.0mm
圧縮比:11.2
最高出力:250kW(340ps)/5200〜6400rpm
最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1370〜4500rpm
トランスミッション:8速ティプトロニックAT
駆動方式:4WD(quattro)
サスペンション:F ウイッシュボーン式/R ウイッシュボーン式
ブレーキ:F ベンチレーテッドディスク/R ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:F&R 285/40R22
燃料消費率 JC08モード:10.3km/ℓ
車両本体価格(税込):11,220,000円