レッドブル代表「メルセデスとは戦えず、ルノーを警戒しながらのレースに」【F1第7戦】

 2020年F1ベルギーGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3位、アレクサンダー・アルボンは6位だった。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 タイヤマネジメントが重要な、難しいレースだった。だが2台でそれなりのポイントを獲得することができた。

 マックスはレース後半にタイヤのデグラデーションに苦しみ、メルセデスと戦える速さを発揮することはできなかった。そのため、1回ストップでいくのか2回ストップにするのかを検討した。(フェルスタッペンの後ろを走行していた)ダニエル(・リカルド/ルノー)のストレートラインスピードは極めて強力だったため、(抜くのは難しいと判断して)1回ストップのまま走り切るという選択をした。マックスはしっかり完走を果たし、6戦連続での表彰台を獲得した。

2020年F1第7戦ベルギーGP 3位のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がチームと記念撮影
2020年F1第7戦ベルギーGP 3位のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がチームと記念撮影

 アレックスはスタートで(ルノーのエステバン・)オコンに抜かれてポジションをひとつ落としたが、ピットストップでそのポジションを取り戻すことができた。我々は彼にミディアムタイヤを履かせることを決めた。ルノー勢にチャレンジするにはそれが最適なコンパウンドだと思ったからだ。アレックスは今日とてもいい仕事をし、レースを通して懸命に防御に努めた。しかし残念ながらルノー勢はローダウンフォース仕様のためにストレートで非常に速く、最終ラップで5位のポジションを(オコンに)奪われる結果になった。しかしアレックスはドライバーズ選手権で4位に浮上したし、今回非常に堅実な週末を過ごした。チーム全体で引き続き作業に取り組んでから、次のモンツァに向かう。