トヨタ・ヤリスクロス、マツダCX-3や日産キックスの強力ライバル登場!気になる価格は179万8000円~281万5000円【新車】

■ヤリスクロスはライズ以上、C-HR未満のニューモデル!

トヨタ ヤリスクロス
トヨタ・ヤリスクロスのフロントビュー

2020年4月・5月・7月の登録車の新車販売ランキングで1位(6月は2位)になるなど、発売以来、好調なセールスを維持しているトヨタ・ヤリス。さらに「ヤリス」シリーズの人気を加速させる「ヤリス クロス」が2020年8月31日に発売されました。

気になる価格帯は179万8000円〜281万5000円で、1.5LダイナミックフォースエンジンとCVTを組み合わせるガソリン車、1.5Lダイナミックフォースエンジンを搭載するハイブリッド「THS2」が設定されています。両パワートレーン共にFFと4WD(ハイブリッドはE-FOUR)を設定。

■ハイブリッド仕様の燃費は2WDでWLTCモード30.8km/Lを達成

トヨタ ヤリスクロス
ヤリスクロスのインパネ

「TNGA(GA-B)」を使うヤリスクロスのボディサイズは、全長4180×全幅1765×全高1590mmで、最低地上高は170mm。都市型SUVといえるロードクリアランスになっています。

ダイハツ・ロッキーのOEM車で弟分のライズは、全長3995×全幅1695×全高1620mmで、最低地上高は185mm。「TNGA(GA-C)」を使うC-HRは、全長4360×全幅1795×全高1550mmで、ロードクリアランスは140mm(4WDは155mm)。

ヤリスクロスのサイズは同社のトヨタ・ライズとトヨタC-HRの中間に収まり「ライズでは少し小さい(狭い)、C-HRまでのサイズは要らない…」というニーズに当てはまる都市型コンパクトSUVになっています。

マツダCX-3
ベースは5ナンバーサイズのマツダ2だが、こちらは3ナンバーサイズのボディとなる。
日産キックス
ノート、セレナに続く日産e-POWER搭載第3弾のキックスは、基本的にはモノグレード攻勢で、純ガソリンモデルも存在しない。

ライバルは、全長4275×全幅1765×全高1550mmのマツダCX-3、全長4290×全幅1760×全高1610mmの日産キックス、全長4330×全幅1770×全高1605mmのホンダ・ヴェゼルあたり。ヴェゼルはBセグメント以上、Cセグメント未満というサイズ感なので、少し大きくなっています。

ホンダヴェゼル
ヤリスクロスはもとより、ライバルたちよりややボディが大きいゆえに少しクラスが異なるヴェゼル。

Bセグメント・ハッチバック派生のクロスオーバーSUVといえば、かつてのトヨタ・イストを思い起こす方も多いと思います。ヤリスクロスは「SUVならではの力強さ、存在感を表現したムダなくバランスのよい洗練されたプロポーション」を追求したそう。イストよりもSUV色が強められている印象を受けます。

トヨタ ヤリスクロス
ヤリスクロスのラゲッジ。後席は「4:2:4」の分割可倒式

ほかにも、コンパクトSUVでも高いユーティリティ性を備えたラゲッジスペースなどにより、キャンプブームの中、都市部や街中での普段使いのみならずアウトドアやスポーツアクティビティなど、アクティブなカーライフに最適な相棒になりそう。

ラゲッジは、デッキボードを下段に設置すると、コンパクトSUVトップクラスの荷室容量390L(ガソリン2WD車で、デッキボードを外した状態の荷室容量)を達成。スーツケース(110L)2個または、ゴルフバッグ(9.5インチ)2セットの積載が可能。さらに「4:2:4」分割リヤシート、6:4分割アジャスタブルデッキボードが同社のコンパクトSUVとして初採用されています。

荷物の固定には、ユーティリティフックとフレックスベルトの組み合わせにより、多彩なデッキアレンジに対応しています。

トヨタ ヤリスクロス
ヤリスクロスのハイブリッド走行イメージ

また、安全装備も最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が搭載されています。同パッケージは「X“Bパッケージ”」をのぞき、全車に標準装備。全車速追従機能付レーダークルーズコントロール、アダプティブハイビームシステム(AHS)、高度運転支援「トヨタチームメイト(アドバンストパーク)」もヤリスに続いて採用されています。

ガソリン車には、路面状況に応じた走行支援を3つのモードから選択できる「マルチテレインセレクト」など、SUVらしい機能が搭載されています。気になる燃費は、2WDでWLTCモード30.8km/Lを誇るハイブリッドなど、トヨタらしくユーザーの期待に応える性能を実現。

トヨタ ヤリスクロス
ヤリスクロスは一部グレードをのぞき「Toyota Safety Sense」を標準装備

4100台とする月間目標台数は控えめに感じるほどの充実ぶり。ライズやC-HRと顧客層が多少重なるかもしれませんが、ヤリスクロスの投入により、A〜Cセグメント級のSUVは、万全といえる品揃えになっています。

(塚田勝弘)

 

 

■トヨタ・ヤリスクロス ハイブリッドZ E-Four 主要諸元(2020年4月23日発表・8月31日日本 発売)
●全長×全幅×全高:4180×1765×1590mm ●ホイールベース:2560mm ●トレッド 前/後:1515/1510mm ●最低地上高:170mm ●車両重量:1270kg ●乗車定員:5名 ●最小回転半径:5.3m ●エンジン型式:M15A-FXE(水冷直列3気筒DOHC) ●総排気量:1490cc ●最高出力:91ps/5500rpm ●最大トルク:12.2kgm/3800~4800rpm ●燃料供給装置:EFI(電子制御燃料噴射) ●燃料タンク容量:36L(無鉛レギュラー) ●燃料消費率 WLTCモード:26.0km/L(市街地モード:26.4km/L 郊外モード:27.2km/L 高速道路モード:25.1km/L) ●フロントモーター:1NM ●フロントモーター最高出力:80ps ●フロントモーター最大トルク:14.4kgm ●リヤモーター:1MM ●リヤモーター最高出力:5.3ps ●リヤモーター最大トルク:5.3kgm ●サスペンション 前/後:ストラット式/2リンク・ダブルウィッシュボーン式 ●ブレーキ 前/後:ベンチレーテッドディスク式/ディスク式 ●タイヤ:215/50R18 ●車両本体価格(消費税込み):281万5000円

■バリエーション&価格(消費税込み)
●ガソリン車 ※()内は4WD車
・X Bパッケージ 179万8000円(202万9000円)
・X 189万6000円(212万7000円)
・G 202万0000円(225万1000円)
・Z 221万0000円(244万1000円)

●ハイブリッド車 ※()内はE-Four(4WD)車
・HYBRID X 228万4000円(251万5000円)
・HYBRID G 239万4000円(262万5000円)
・HYBRID Z 258万4000円(281万5000円)