TSRホンダが新型CBRで独走優勝。SRCカワサキ、SERTが表彰台獲得/EWC第3戦ル・マン24時間

 8月29~30日、FIM世界耐久選手権(EWC)の2019-2020シーズン第3戦ル・マン24時間耐久ロードレースの決勝レースがフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、F.C.C. TSR Honda France(ジョシュ・フック/フレディ・フォレイ/マイク・ディ・メリオ組)が優勝した。

 約8カ月ぶりに再開されたEWCの1戦として行われたル・マン24時間。鈴鹿8耐やオッシャースレーベン8時間、ボルドール24時間は開催が中止されたが、延期されたル・マン24時間は無観客で行われた。

 予選はYART – YAMAHA(カレル・ハニカ/マービン・フリッツ/ニッコロ・カネパ組)が平均タイム1分36秒706を記録しポールポジションを獲得した。2番手以降はBMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAM(BMWモトラッド)、Suzuki Endurance Racing Team(SERT)、F.C.C. TSR Honda France(TSRホンダ)、ERC-Enduranceと5番手まで別メーカーのバイクが続いた。

2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間 スタートシーン
2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間 スタートシーン

 38台が出場した決勝レースは、SERTのグレッグ・ブラックがホールショットを奪う。全車スタートを切ったが、ドゥカティ パニガーレV4 Rを駆るERC-Enduranceのランディ・ド・プニエが出遅れて19番手にポジションを下げる。

ERC-Endurance/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間
ERC-Endurance/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間

 序盤にホンダの新型CBR1000RR-Rを使用するTSRホンダのマイク・ディ・メリオがトップに立ちリードを広げる。レーススタートから50分が経過すると上位陣が最初のピットインを済ませる。

 ERC-Enduranceはこの時点で3位まで追い上げを見せていたが、燃料切れに見舞われ大きくタイムロス。ピットインをして27番手までポジションを落としてしまった。また、SSTクラスのチャンピオンシップリーダーであるTEAM MOTO AINが最終コーナーで転倒した。

2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間 序盤にセーフティカーが導入された
2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間 序盤にセーフティカーが導入された

 1時間が過ぎYARTヤマハ、TSRホンダ、SERTの順でレースが進んでいく。2時間が過ぎるとNational Motosがエンジンブロー。12分程セーフティカーが導入されたが解除されレースが再開された。

 この頃から雨粒が落ちてきて、2時間30分が経つとウエットコンディションに変わった。するとトップを走行していたYARTヤマハのハニカが8コーナーで転倒。ピットに戻り10分ほどでマシンを修復して28番手でコースに復帰した。

 その後も雨が強くなり数台のマシンが転倒。上位を走るBMWモトラッドのケニー・フォレイも3コーナーでスリップしたが、すぐにコースに戻り3番手を守った。

2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間 ウエットコンディション
2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間 ウエットコンディション

 3時間30分が過ぎるとTSRホンダが独走をはじめ、SERT、WEBIKE SRC KAWASAKI France TRICKSTAR(SRCカワサキ)と続く。4番手にVRD IGOL PIERRET EXPERIENCESがつけていたがウエット路面に足を取られて転倒してしまった。そのままレースが続き、2番手と3番手の順位が入れ替わるがTSRホンダは快走を見せる。

F.C.C. TSR Honda France/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間
F.C.C. TSR Honda France/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間

 4時間半を過ぎたところではATLANTIC RACING TEAMが最終コーナーでハイサイド転倒。マシンがコース上に残りRAC41 CHROMEBURNERがそこに追突する。ATLANTIC RACING TEAMのマシンのタンクからガソリンが漏れるなどのアクシデントが起こり2度目のセーフティカーが導入され、30分程でレースが再開された。

 レース再開後はジュリアン・ダ・コスタが転倒しERC-Enduranceはさらに順位を下げる。また、最終コーナーでSERTのブラックが転倒したがダメージはなく再スタートを切った。その後、ドライコンディションに戻りTSRホンダを先頭に2ラップ差でSRCカワサキ、3ラップ差でSERT、5ラップ差でBMWモトラッドと続いていく。

F.C.C. TSR Honda France/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間
F.C.C. TSR Honda France/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間

■24時間レースの後半もコンディションが幾度となく変化

 トップはこの順位を維持して走行を続けており、レース折り返しの12時間が経過した時点ではTSRホンダが402周。その2ラップ差でSRCカワサキ、3ラップ差でSERTというギャップも変わらずレースが進む。しかし、BMWモトラッドが6ラップ差、YARTヤマハは8ラップ差まで追い上げを見せた。

YART - YAMAHA/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間
YART – YAMAHA/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間

 13時間50分が過ぎた頃、SRCカワサキがチェーンにトラブルを抱えていたようで5分ほどピットイン。ここでSERTが2位に浮上し2周ほどの差がついた。

ERC-Endurance/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間
ERC-Endurance/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間

 残り時間は8時間、TSRホンダがトップを維持して8時間と16時間経過時のボーナスポイント各10ポイントを獲得する。そしてBMWモトラッドがハンドルバーの調整のためにピットで作業を行うが4番手をキープしてコースイン。また、順位を下げていたERC-Enduranceが残り6時間の時点でリタイアを宣言した。

 レースが残り4時間半となったところで再度雨が降ってくる。全車スリックタイヤを履いているため転倒するマシンも数台見られ、各車続々ピットでレインタイヤに交換した。だが、すぐに雨が上がり再びスリックタイヤに交換された。

 残り3時間15分頃にYARTヤマハがBMWモトラッドを交わし4番手まで追い上げる。レース終了まで2時間を切ろうとしたところでまた雨が降った。するとSERTが1コーナーで接触転倒。ピットでカウルを交換している際にSRCカワサキが2番手を奪った。

BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAM/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間
BMW MOTORRAD WORLD ENDURANCE TEAM/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間

 レースは残り30分、TSRホンダは後続に3ラップの差をつけたが、2位のSRCカワサキと3位のSERTの差が30秒に迫った。残り15分、路面がウエットに変わるなかBMWモトラッドがダンロップカーブで転倒。BMWモトラッドは未完走となってしまった。

2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間 表彰台
2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間 表彰台

 そしてスタートから24時間が過ぎ、816ラップを周回して600ラップをリードしたTSRホンダがル・マン24時間を制覇した。2位は2周差のSRCカワサキ、3位が3ラップ差でSERTと続いた。YARTヤマハは追い上げを見せ4位完走、SSTクラスで優勝したのは総合8位のGERT56 by GS YUASAとなった。

Suzuki Endurance Racing Team/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間
Suzuki Endurance Racing Team/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間

 チャンピオンシップでは、SERTが127ポイントでトップ。TSRホンダが40ポイント差の87ポイントで2番手、YARTヤマハが82ポイントで3番手と続く。次戦は9月27日に最終戦のエストリル12時間耐久ロードレースが開催される。

WEBIKE SRC KAWASAKI France TRICKSTAR/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間
WEBIKE SRC KAWASAKI France TRICKSTAR/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間
SSTクラスで優勝したGERT56 by GS YUASA/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間
SSTクラスで優勝したGERT56 by GS YUASA/2019-2020EWC第3戦ル・マン24時間
鈴鹿からトップアジアンチームに贈られるトロフィーを受け取った藤井正和監督(F.C.C. TSR Honda France)
鈴鹿からトップアジアンチームに贈られるトロフィーを受け取った藤井正和監督(F.C.C. TSR Honda France)