FIA-F2第7戦ベルギー レース2:荒さ目立った週末をシュワルツマンが優勝で締め括る。角田はランキング3番手を維持

 8月30日(日)、2020年FIA-F2第7戦ベルギーのスプリントレース(決勝レース2)が開催され、ロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング)が優勝。日本の角田裕毅(カーリン)は9位フィニッシュ、佐藤万璃音(トライデント)はリタイア、松下信治(MPモータースポーツ)はレース1でのマシン修復が間に合わず出走しなかった。

 コンディションは、気温13度、路面温度18.7度。空は薄雲り、路面はドライコンディションだ。規定周回数は18周、タイヤ交換の義務はない。

 スターティンググリッドは前日のリザルトが反映されるリバースグリッド制により、ポールはロイ・ニッサニー(トライデント)、2番手に周冠宇(ユニ・ヴィルトゥオーシ)、3番手にダニエル・ティクトゥム(ダムス)、4番手にロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング)の順となった。

 フィーチャーレース優勝の角田は8番手、佐藤は14番手から、昨日のレース1でクラッシュを喫した松下はマシンのダメージが深刻で修復が間に合わず、出走しないこととなった。

 日本時間の18時10分、フォーメーションラップがスタートとなったが、ユーリ・ビップス(ダムス)が動き出せずピットレーンスタートとなった。

 ホールショットを奪ったのはティクトゥムだが、ニッサニーはケメルストレートエンドで首位を奪還。後方ではカラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ)が急減速し、追走していた角田がブレーキングするも間に合わず追突、12番手までドロップしてしまう。

 またアイロットはスピンしマシンをコース上に止めてしまい、セーフティカー(SC)が早々に導入されることとなった。

 レースは4周目からニッサニー、ティクトゥム、シュワルツマン、デレトラズの順にリスタートするが、ふたたび波乱が待ち受けていた。

 ケメルストレートエンドでニッサニーを抜きかけたティクトゥムは曲がりきれずにコースオフ。グラベルの段差でマシンがバウンドしレコードラインを走行していたニッサニーの左リヤにティクトゥムが右フロントから接触する。

 接触の衝撃でニッサニーのリヤが宙を浮き、リヤからタイヤバリアにぶつかりマシンは大破。ニッサニーは自力でマシンを降りたが怒りの無線とともに無念のリタイア。そして半周待たずにSCが導入されてしまった。

 レースは7周目にシュワルツマンを先頭にティクトゥム、デレトラズ、周の順に再開。シュワルツマンは他車よりも2秒速い2分1秒台前半のペースで独走状態を築き9周目には2番手と5.498秒差をつけた。

 またレース1で3位を獲得し安定した成績を残している5番手シューマッハーが2台を抜き去り3番手に浮上。前を行くティクトゥムの0.6秒後方に迫りながら周回を重ねていく。

 11周目、マーカス・アームストロング(ARTグランプリ)がコースオフし再始動できずレースを終えてしまった。

 ペースに勝るシューマッハーは12周目のケメルストレートでティクトゥムをあっさりと交わし2番手へ。13周目には周も前に出て3番手に浮上。フェラーリ育成ドライバーふたりをルノー育成ドライバーが追う展開で終盤戦に突入する。

 全体的に接触やスピン、コースオフが目立つ荒れたレース展開は残り4周となった15周目にも続く。最終コーナー手前でユアン・ダルバラ(カーリン)が佐藤万璃音(トライデント)に追突。佐藤はスピンしマシンをストップ。ここでレースを終えることとなった。

 また佐藤のマシンを排除するためにVSC(バーチャル ・セーフティ・カー)が16周目の途中まで導入される。

 このまま上位3台に順位変動はなく、シュワルツマンが第3戦ハンガリーレース1以来の優勝でシーズン3勝目。シュワルツマンは、パルクフェルメでマシンからアントワーヌ・ユベールを想い天に向けて両手を掲げた。2位には今シーズン6度目の表彰台となったシューマッハー、3位の周は第6戦スペインレース1以来の表彰台となった。

 序盤のアイロットとの接触による5秒加算ペナルティを受けた角田は9位でフィニッシュしている。

 ポイントランキングは首位が優勝した132ポイントのシュワルツマン、2番手に122ポイントのアイロット、3番手に111ポイントの角田、4番手に106ポイントのシューマッハーがつけている。

 次戦は9月4〜6日、イタリアのモンツァで開催される。

■FIA-F2第7戦ベルギー スプリントレース(レース2) 暫定リザルト

Pos. No. Driver Team Time/Gap
1 21 R.シュワルツマン プレマ・レーシング 18Laps
2 20 M.シューマッハー プレマ・レーシング 9.025
3 3 周冠宇 ユニ・ヴィルトゥオーシ 11.193
4 24 N.マゼピン ハイテックGP 20.945
5 25 L.ギオット ハイテックGP 21.907
6 11 L.デレトラズ チャロウズ・レーシング・システム 25.182
7 6 C.ルンガー ARTグランプリ 26.796
8 16 A.マルケロフ BWT HWAレースラボ 30.492
9 7 角田裕毅 カーリン 30.559
10 2 D.ティクトゥム ダムス 32.126
11 1 J.ビップス ダムス 32.331
12 12 P.ピケ チャロウズ・レーシング・システム 32.832
13 15 F.ドルゴヴィッチ MPモータースポーツ 33.041
14 17 G.アレジ BWT HWAレースラボ 33.448
15 10 G.サマイア カンポス・レーシング 34.729
16 8 J.ダルバラ カーリン 44.078
17 9 J.エイトケン カンポス・レーシング 1’16.304
18 23 佐藤万璃音 トライデント DNF
19 5 M.アームストロング ARTグランプリ DNF
20 22 R.ニッサニー トライデント DNF
4 C.アイロット ユニ・ヴィルトゥオーシ DNS