ガスリー12番手「Q3進出を逃し悔しい。決勝では絶対入賞したい」アルファタウリ・ホンダ【F1第7戦予選】

 2020年F1ベルギーGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは12番手だった。

 FP3では1分44秒508で11番手、予選Q1では1分43秒262で4番手、Q2では1分42秒745で、10番手とはわずか0.023秒差での敗退となった。

2020年F1第7戦ベルギーGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第7戦ベルギーGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 予選=12番手
 Q2で10番手の(ランド・)ノリスとは100分の数秒差だったことを考えると、Q3に進めなくて残念だ。最終シケインをうまくまとめることができず、出口が完璧ではなかった。もっと攻めようとして、トラクションを失い、そこで0.1秒ロスしたと思う。

 それでもスタートタイヤを自由に選べるし、この位置からなら戦うことができるだろう。雨が降るとうれしいね。僕は毎日のように雨が降るノルマンディー出身だからね!

 12番グリッドはまずまずの位置だから、不可能なことは何もない。中団は今回もすごく接戦だ。できる限りプッシュして、何ポイントかつかみたい。

 実際、タイヤを自由に選べるという意味では、11番手か12番手スタートが理想的なんだ。11番手ならよかったな。でも今日はダニー(クビアト)がすごくいいラップを走ったから、かなわなかった。僕自身がもっといい仕事をしなければならなかったんだ。自分自身の責任だから、受け入れなくちゃね。