「クルマの楽しみ方と同時に人生を豊かにするヒントまで提供してくれるお店!?」まるさん自動車【SPECIAL SHOP】

モータースポーツ直系の正統派チューニングショップ!

クルマを通じて人生を豊かにする「まるさん自動車」に迫る

「何気ない日常がクルマで3倍楽しくなる」。兵庫県に店舗を構える“まるさん自動車”のホームページを開けると、まずこの言葉があり、誰もが気になるはずだ。

これは同社のキャッチフレーズで「クルマを通じてライフスタイルを豊かにしていこう」というもの。社長の三尾修さんがモータースポーツ、父の功さんがアウトドア、弟の溝さんがDJ=音楽という、それぞれの趣味を融合することで、ユーザーにクルマ+αの楽しみを提供するユニークなショップだ。

こう書くと「ライトなショップなのか?」と想像されるかもしれないが、決してそうではない。修さんは学生時代からレースメカニックとして修業を積み、全日本ダートトライアルやアメリカのパイクスピークにも同行。卒業後はBMWのディーラーに入社し、輸入車整備のノウハウを学んできたエキスパートだ。

まるさん自動車のカスタマイズはモータースポーツ直系の正統派。自ら走行して吟味したパーツを中心に、まずは「走る、曲がる、止まる」を鍛え、サーキットを安心して走れるよう冷却系や駆動系などの強化を推奨する。

また、アライメントテスターやコンピュータ診断機、コーナーウェイトゲージにサスペンションテスター(写真)など最新整備機器も多数完備。サーキット派オーナーの要望にも100パーセントで応えてくれる。現在は86&BRZレース(クラブマンクラス)に自社メンテナンスで参戦していることもあり、そのノウハウは常にアップデートされている。

このアルピーヌA110はエンジンオーバーホールを含めたセミレストアの依頼。ヒストリックカーのレストアなどは地域密着型の整備工場の域を大きく超えている。

さらに同社では、サーキット走行を手軽に楽しんでもらうために、初心者や女性オーナーも歓迎な走行会を岡山国際サーキットで開催するなど間口を広げている。最近では、ユーロカップなどのローカルな輸入車レースに参戦するマシンメイクやサポートを行うなど、継続してきた成果が表れてきているとのこと。

「ユーザーのクルマ離れは、クルマの走りやワクワクする楽しさの欠如が原因だと思います。また、カーマニアのお客様からは欲しいクルマが見つからないという声もよく耳にします。当社はもっとクルマにドキドキできるように色々なイベントを通して、クルマで遊んでいただきいと考えています。カスタムはモータースポーツで経験した技術をフィードバック。安心して思う存分楽しめるクルマ作りを提案していきます」とは三尾さん。

クルマを楽しみ尽くすためのトータルサポートに優れた名店なのだ。

●問い合わせ:まるさん自動車 兵庫県たつの市龍野町中井788-2 TEL:0791-63-4321