【順位結果】インディカー・シリーズ第9戦ゲートウェイ予選/琢磨が今季初ポール

 ワールド・ワイド・テクノロジー・レースウェイ・アット・ゲートウェイで開催されているNTTインディカー・シリーズ。29日に行われた第9戦の予選は、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)がポールポジションを獲得した。

 昨年のゲートウェイ戦でも勝利を挙げている佐藤琢磨。インディ500制覇の勢いをゲートウェイの非対称オーバルでも見せつけた。

 2周続けて走行を行うゲートウェイでの予選。1周目のスピードで第8戦のグリッドを、そして2周目のスピードで第9戦のグリッドを決定する変則方式だ。琢磨は18番目にアタックを行い、1周目は181.286mphとトップのウィル・パワーに届かなかったものの、2周目はスピードを上げ182.499mphを記録しトップを奪取し、第9戦のポールポジションを獲得した。

■NTTインディカー・シリーズ第9戦ゲートウェイ/予選総合結果

Pos. No. Driver Team Engine mph
1 30 佐藤琢磨 レイホール・レターマン・ラニガン H 182.499
2 1 J.ニューガーデン チーム・ペンスキー C 182.477
3 12 W.パワー チーム・ペンスキー C 182.474
4 5 P.オワード アロウ・マクラーレンSP C 182.280
5 60 J.ハーベイ メイヤー・シャンク・レーシング H 181.800
6 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ H 181.735
7 8 M.エリクソン チップ・ガナッシ H 181.723
8 22 S.パジェノー チーム・ペンスキー C 181.457
9 10 F.ローゼンクヴィスト チップ・ガナッシ H 181.387
10 88 C.ハータ アンドレッティ・ハーディング・スタインブレナー H 181.164
11 27 A.ロッシ アンドレッティ・オートスポート H 180.825
12 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 180.618
13 7 O.アスキュー アロウ・マクラーレンSP C 180.579
14 55 A.パロウ デイル・コイン・ウィズ・チームゴウ H 180.560
15 59 C.デイリー カーリン C 180.374
16 18 S.フェルッチ デイル・コイン・レーシング H 180.197
17 26 Z.ビーチ アンドレッティ・オートスポート H 179.791
18 21 R.ヴィーケイ エド・カーペンター・レーシング C 178.690
19 14 T.カナーン A.J.フォイト・レーシング C 178.630
20 98 M.アンドレッティ アンドレッティ・ハータ H 178.563
21 4 C.キンボール A.J.フォイト・レーシング C 178.295
22 20 E.カーペンター エド・カーペンター・レーシング C 177.728
23 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 176.803

※リザルトは編集部調べ