ブガッティ2台にパガーニ合わせて9.5億円!お金配りおじさん前澤友作氏の愛車紹介動画がぶっ飛んでいる件

■3.5億+2.5億+3.5億=9.5億円!

お金持ちにはトンと縁のない筆者ですが、お金配りおじさんを自称する実業家であり大富豪、前澤友作氏のゴージャスなクルマ生活については、ツイッターなどを通じてよく目にします。

その前澤氏がまたやってくれました。どうやら「MZスーパーカーチーム」というプロジェクトチームを結成したらしく、それを記念して、所有する3台の超高額マシンをYouTubeで披露したのです。ちょっとその内容を紹介しましょう。

前澤友作氏の動画
駐車場に駐められた愛車の前に立つ前澤さん。テロップ丸被り(笑)

場所は都内某所の駐車場。ただならぬクルマたちの前に前澤さんが立っています。

前澤さんは最近「MZスーパーカー」というチームを立ち上げたそうで、まずはそのメンバーをご紹介。右は現役レーシングドライバーの横溝直輝さん、左は「平成オーナーズクラブ」代表も務めるクルマギークの「ヤマケン」こと山田健さんです。

今後はこの3人で、「スーパーカーを走らせたり、子供たちに見せたり、レースをしたり、いろんな使い方で楽しんでいけたら」とのこと。

前澤友作氏の動画
レーシングドライバーの横溝直輝さん(右)と、クルマギークのヤマケンさん(左)

今日はこの3人で、後ろにある3台のスーパーカーを紹介しようという趣向です。

まず登場したのは、泣く子も黙るイタリアのスーパーカー、パガーニ・ゾンダ。

前澤友作氏の動画
紫に輝くパガーニ・ゾンダ。前澤氏いわく「虫のような見た目」

このゾンダ、すでに生産を終えたモデルですが、前澤氏の強い要望で1台だけ生産されたワンオフモデルとのこと。

その価格ですが、いろいろと特別装備を加えた結果、3億5000万円だったそうです。

スーパーカーのお約束ともいえる地を這うような車高。「ほとんどのコンビニで擦ります」って、これで行くんかい!

前澤友作氏の愛車紹介動画
タバコ一箱入らないという低い車高。カーボンリップ、擦ったらいくらかかるんでしょう

ボディの紫には相当こだわったそうで、何度もパガーニ社とやりとりしたとのこと。「品のいい紫を実現できた」とご満悦の様子。カーボンが目立つ室内も、ステアリングやシートなどが紫でまとめられています。

前澤友作氏の愛車紹介動画
パガーニのこだわりともいえるゴージャスなコックピット

リアに目を向けてみると、なんとリアタイヤ上部がスパッツで覆われています。空力的にル・マンカーなどが取り入れる手法ですが、ロードカーでこれをやるとは。

前澤友作氏の愛車紹介動画
上部がスパッツで覆われたリアタイヤ

ボディ後端のテールランプ付近には、空気の乱流抑制を狙ったダックテールスポイラーが。前澤氏いわく「このお尻分かる? エロ過ぎる……」

前澤友作氏の愛車紹介動画
リアエンドの造形に改めて惚れ惚れする前澤氏

そしてこのクルマのハイライトがこれ。前澤氏が創業した会社を記念して、車名をゾンダ「 ZOZO」にしてもらったとのこと。しっかりエンブレムも作られています!

前澤友作氏の愛車紹介動画
リアに貼られたエンブレムにはしっかり「ZOZO」の文字が!

それだけではありません。ゾンダが積むメルセデスAMG製の12気筒エンジンのヘッドカバーにも、しっかりZOZOと刻まれています。

前澤友作氏の愛車紹介動画
ZOZOの文字はエンジンヘッドカバーにも

■タイヤ交換にフランス往復で400万円!

お次に登場したのは、スーパーカー中のスーパーカー、ブガッティ・ヴェイロンです。なんとこれも世界に1台しかない仕様とのこと。こちらは2億5000万円也。

前澤友作氏の愛車紹介動画
2005年の東京モーターショーでヴェールを脱いだヴェイロン。どこが世界に1台なのか

なんとこのヴェイロン、内外装の一部をエルメスが手がけた1台なのだそう。実際、アルミホイールのセンターには、エルメスの「H」が刻まれています。外周部分のスリットは、エルメスの刺繍のステッチがモチーフなんだとか。

前澤友作氏の愛車紹介動画
ホイールのセンターキャップにはエルメスの「H」が

ブガッティのアイコンともいえる馬蹄形のフロントグリルも、よく見るとメッシュが「H」文字になっています。ここだけでなく、グリル両脇のエアインテークのメッシュカバーも「H」パターンなんですよ!

前澤友作氏の愛車紹介動画
フロントグリルのメッシュカバーまでHパターン!

インテリアのレザーももちろんエルメス製。チョコとブラウンのシックなコントラストが上品ですね。

前澤友作氏の愛車紹介動画
シートは濃淡のブラウンのコンビネーション
前澤友作氏の愛車紹介動画
ドアハンドルにもさりげなくエルメスのレザーが

ヴェイロンの心臓部といえば、泣く子も黙るW16気筒クワトロターボエンジン。その出力は1001馬力です。

ヤマケン氏によれば、最近このクルマはタイヤを交換したらしいのですが、日本国内では作業ができず、車両をフランスに送って行ったとのこと。かかった費用ななんと400万円! たかだかタイヤ4本交換しただけですぜ!

前澤友作氏の愛車紹介動画
最高出力1001馬力を誇るW16気筒クワトロターボエンジン

■ゾンダ ZOZOには8億円のオファーが!

最後に登場したのはブガッティ・シロン。2016年、ヴェイロンの2倍の2億6000万円という途方もない価格で登場したスーパーカーです。

相澤氏いわく、ブガッティはどちらも仏顔だけど、シロンのほうがちょっと「イラっとしてる」とのこと。

前澤友作氏の愛車紹介動画
右がヴェイロン、左がシロン。相澤氏いわく、ブガッティはどちらも「仏顔」とのこと

こだわりは内外装の色なのですが、外装色は「ホワイトコーヒー」といううっすらと茶の混じった白。ミルクティやカフェオレのイメージだそうです。

前澤友作氏の愛車紹介動画
ホワイトコーヒーというビビッドなボディカラー

内装はオレンジですが、派手にならないことを意識したそうです。

前澤友作氏の愛車紹介動画
オレンジでまとめられたインテリア

シロンのパワーは、ヴェイロンの5割増しの1500馬力! スピードメーターはなんと500km/hまで刻まれています。ちなみに最高速は、420km/hでリミッターがかかるそうですが、負荷に耐えるタイヤさえあれば480km/hは可能とのこと。異次元の話です。

前澤友作氏の愛車紹介動画
500km/hまで刻まれたスピードメーター

ちなみに前澤氏が購入したクルマは、各種カスタム費用が上乗せされて3億5000万円。ということは、今日の3台の総額は9億5000万円! なんかもう重力が歪みそうな数字です。

相澤友作氏の愛車紹介動画
誇らしげに「1500」と刻まれたエンジンのヘッドカバー

さらにさらに、横溝さんからぶったまげる話が。なんと3億5000万円で買ったゾンダ ZOZOには「8億円でも買いたい」というオファーが海外から寄せられているとか! これを受けて前澤氏は「俺が何でこんなにいっぱいクルマが買えるかというと、買っても買っても下がらないんですよ。ほんとにこだわりを持って作られた世界にあまりないクルマたちですからね」とのこと。うーん、大富豪ならではの余裕です。

前澤友作氏の愛車紹介動画
ゾンダ ZOZOには8億円のオファーが!

いかがだったでしょうか。普通なら、お金持ちの話は嫌味臭くなるものですが、前澤氏の動画にはいっさいそれがありません。本当に好きなものと真摯に向き合っていることが伝わるんでしょうね。

この動画をきっかけに、前澤氏は「MZスーパーカーチャンネル」という新しいYouTubeチャンネルをスタートさせるそうです。気になる方は、チェックされてはいかがでしょうか。

(文:角田伸幸)