アルボン4番手「驚くほどの接戦。マシンをうまく調整して予選に臨む」レッドブル・ホンダ【F1第7戦金曜】

 2020年F1ベルギーGPの金曜、レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンはフリー走行1=6番手/2=4番手だった。

 FP1では22周を走り1分45秒049、FP2では21周のなかで1分44秒134を、それぞれソフトタイヤでマークした。

2020年F1第7戦ベルギーGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第7戦ベルギーGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
アレクサンダー・アルボン フリー走行1=6番手/2=4番手
 明日以降への期待を感じた一日だった。1周目からマシンの感触がよくて、強さを感じた。コーナーでのバランスがいいし、物事が正しい方向に進んでいると思えたので満足している。

 レッドブルで初めてレースをしたのが去年のベルギーだった。その時の経験が大きな助けになっていると思う。これから何をするのか、このコースでは何がうまく機能し、何が機能しなかったのかを把握した状態で週末を迎えることができたからね。そういった経験はとても役に立つんだ。

 今日はまだフリー走行で、皆さまざまなエンジンモードや燃料搭載量で走っていたから、他のチームが何をしているのかを予想するのは難しい。直線スピードに重点を置いているチームもあった。明日どういう展開になるのか見ていこう。

 タイムは驚くほど接近しているから、引き続きマシンの微調整を続け、自分たちに何ができるのかを探っていく。明日はかなりの接戦になるだろう。