大幅な高精細化を実現した「インテリジェント ルームミラー」をパナソニック オートモーティブ社と日産が共同開発

■夜間視認性の向上と後続車のLEDフリッカーを抑制

パナソニック オートモーティブ社は、2020年8月26日、日産と共同で高性能な電子ミラーを開発したと発表しました。大幅な画質の高精細化を実現し、夜間の視認性や後続車のLEDランプによるフリッカー現象を抑制するなど、安全運転に寄与します。

パナソニック
パナソニックと日産が共同開発した電子ミラー

同ルームミラーは、日産自動車の第4世代電子ミラーとして、新型コンパクトSUVのキックス(日本市場向け:2020年6月30日発売、タイ市場向け:2020年7月発売)に、「インテリジェントルームミラー」の名称で採用されています。

2メガピクセルカメラ、高解像度ディスプレイの採用と独自の映像処理技術により、高精細な映像と夜間視認性の向上を実現。ミラー外周リムが廃止され、ミラーの端部までガラスで造形された、デザイン性に優れたフレームレスミラーとなっています。

「インテリジェント ルームミラー」は、専用設計されたカメラで車体後方が広く撮影され、その映像をルームミラーの位置に配置されたディスプレイに表示するシステムとなっています。

日産キックス
「インテリジェント ルームミラー」が採用された日産キックス

ほかにも、ディスプレイの高解像度化163ppi(従来品:100ppi)や、パナソニックの独自技術で夜間視認性を向上する広いダイナミックレンジ120dB(従来品:100 dB)を実現。また、F2.0レンズの搭載により、夜間視認性をさらに向上(従来品:F2.8)しています。

カメラをリヤウィンドウの内側に取り付けることで後方の死角を低減。従来のインナーミラーのように、同乗者や車内の様子が映り込まないため、後方の視界を遮りません。夜間や雨天時などでも視認性が高く、キャンプなどで荷物を満載しても後方視界を妨げない「インテリジェント ルームミラー」。

このような電子ミラーは、市販品も続々と登場していて、今後さらに普及が進むはずです。

(塚田勝弘)