ベントレー フライングスパーをハイグレード・カーボンで武装する「スタイリング スペシフィケイション」登場

Bentley Flying Spur Styling Specification

ベントレー フライングスパー スタイリング スペシフィケイション

エクステリアをスポーティに昇華するカーボンパーツ

ベントレーはフラッグシップセダン、フライングスパーに新開発の「スタイリング スペシフィケイション(Styling Specification)」を導入する。カスタマーは他の追従を許さないフライングスパーのパフォーマンスに合わせて、よりスポーティなエクステリアを手にすることができる。

ベントレー フライングスパーに登場した「スタイリング スペシフィケイション」

フライングスパーは、アクティブAWD、全輪操舵、トルクベクタリング、48V電動アンチロールバーシステムなど、様々な最新シャシーテクノロジーが初導入された。このシャシーテクノロジーを駆使することで、俊敏性とダイナミズムの点でラグジュアリーサルーンの新たなベンチマークを打ち立てている。

今回登場したスタイリング スペシフィケイションは、ハンドメイドで製作されたハイグロス・カーボンファイバー製の「フロントバンパースプリッター」「Bentleyバッジ付きサイドスカート」「リヤディフューザー」「トランクリッドスポイラー」をラインナップする。

サイドスカートには、立体的な「Bentley」バッジを配した絶妙なディテールを採用。この精巧なバッジは、ラッカーオーバーコートに気泡が発生するリスクを最小限に抑えるために、このスタイリング スペシフィケイション専用で新規開発されている。

「スタイリング スペシフィケイション」のBentleyバッジ付きサイドスカート

CFDシミュレーションにより空力仕様を決定

カーボンファイバー製エクステリアコンポーネンツは、フライングスパーの完成されたエクステリアに完璧なマッチングを提供する。カーボンファイバーの繊維は2×2ツイルパターンですべてのパーツが同じ方向に織られているため、見た目に美しい一貫性を確保。このカーボンファイバーは何層にも重ねられており、それぞれが最適な強度と耐久性を確保しつつ軽量化を実現している。

そして各エアロパーツはフライングスパーのエアロダイナミクスを向上させるべく、ベントレーのスペシャリストによって開発された。CFD(数値流体力学)ソフトウェアを使用し、前後車軸のリフト量やボディ全体のドラッグ量など、空力性能を評価して洗練された仕様が決定されている。

また、パワートレインやブレーキの冷却、騒音・振動、ハーシュネス(NVH)への影響についてもシミュレーションを敢行。詳細なテストにより、カーボンファイバー製パーツが車両システムに与える影響を最小限に抑えることを目指している。

ベントレー フライングスパーに登場した「スタイリング スペシフィケイション」

徹底的なテストと評価で確保された最高の品質

これらのバーチャルテストが完了後、最初のプロトタイプを製造。この段階でも風洞試験やテストコースでのトライアンドエラーが行われ、改良が加えられた。それぞれの空力パーツは最高速度域を含むあらゆる走行条件において、加速時とブレーキング時の安定性、フィーリング、性能について評価。ベントレーに求められるドライビングダイナミクスが維持されていることが確認されている。

パーツの機能が確認されると、様々な検証テストへと移行。そのメニューには10万kmに及ぶ車両全体の耐久性プログラム、縁石への衝突、悪路における走行テストが含まれている。品質管理ラボにおける検証テストでは、振動、熱サイクル、荷重、衝撃などの過酷な試験を通して性能が評価された。

スタイリング スペシフィケイションのパーツは、ベントレーの販売店ネットワークを通じて注文することが可能で、新車をオーダーする際にパーツの装着を指定することもできる。