故ユベールを偲び、F1ベルギーGPでは全マシンにスペシャルロゴ。決勝前には黙祷も

 2020年F1第7戦ベルギーGPの週末、1年前にレース中の事故で命を落としたアントワーヌ・ユベールを偲び、F1、FIA-F2、FIA-F3の各マシンに新たなロゴが飾られることが決まった。

 2019年ベルギーGPの土曜、F1のサポートレースであるF2のフィーチャーレースにおいて多重クラッシュが起き、これに巻き込まれたユベールが死亡、モータースポーツ界が悲しみに沈んだ。その悲劇からちょうど1年後の今年のベルギーには、ユベールを偲び、新たに作られたロゴが全車に飾られることになった。彼のヘルメットに使用されていた星のマークとイニシャル『AH』、そして永久欠番となったカーナンバー『19』が配置されたデザインのロゴだ。

 また、木曜に登場したドライバーたちの胸には、星型のバッジが飾られていた。

2020年F1第7戦ベルギーGP 故アントワーヌ・ユベールを偲び、星形のバッジを胸に飾るシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2020年F1第7戦ベルギーGP 故アントワーヌ・ユベールを偲び、星形のバッジを胸に飾るシャルル・ルクレール(フェラーリ)

 さらに、F2フィーチャーレースの前と、F1レースの前に、1分間の黙祷が行われることも決まっている。

 ユベールとは幼なじみで親しい間柄だったアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、親友を思う気持ちを込めたスペシャルヘルメットをベルギーGPで使用する。このデザインにはたくさんの思い出の写真が飾られている。ガスリーは木曜、コースの事故現場に足を運び、花を手向けた。

2020年F1第7戦ベルギーGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、故アントワーヌ・ユベールを偲び、コースに花を手向ける
2020年F1第7戦ベルギーGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、故アントワーヌ・ユベールの事故現場で花を手向ける

2020年F1第7戦ベルギーGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、故アントワーヌ・ユベールを偲ぶスペシャルデザインヘルメットを使用
2020年F1第7戦ベルギーGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、故アントワーヌ・ユベールを偲ぶスペシャルデザインヘルメットを使用

 1年前の同じ事故で重傷を負ったファン-マヌエル・コレアもスパ・フランコルシャンを訪れ、事故現場で祈りを捧げた。

2020年F1第7戦ベルギーGP 故アントワーヌ・ユベールの事故現場で祈りを捧げるファン-マヌエル・コレア
2020年F1第7戦ベルギーGP 故アントワーヌ・ユベールの事故現場で祈りを捧げるファン-マヌエル・コレア