新型コルベットのオープンモデル、日本導入決定。C8コンバーチブルはリトラクタブル ハードトップを採用!

Chevrolet Corvette Convertible

シボレー コルベット コンバーチブル

コンバーチブルの車両価格は1550万円

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、新型シボレー コルベットのオープントップモデル「コルベット コンバーチブル」の日本導入を決定した。車両価格は1550万円で、デリバリー開始は2021年5月を予定している。

初代(C1)から数えて8世代目となるC8コルベットは、2019年にワールドプレミア、2020年1月にはクーペモデルの日本での予約受付がスタートし、各方面から大きな話題を集めてきた。

シボレー コルベット コンバーチブルのリヤビュー

コルベット初の電動リトラクタブルトップを採用

今回日本市場導入が決まったオープンモデルは、コルベット史上初となる電動リトラクタブルハードトップを採用。屋根開き構造としながらも、ジェット戦闘機にインスパイアされたというC8のシャープなプロポーションを一切崩していない点が特徴だ。

そもそもC8の開発当初よりコンバーチブルモデルの投入は織り込み済みだったそうで、ルーフの格納や剛性なども“オープンありき”で設計されてきたという。オープントップはボディへ溶け込むように収納できるうえ、屋根を開けていてもなお荷室にはゴルフバッグ2個分の容量が確保される。スポーツカーながらも毎日使える高い実用性を誇るのがコルベットの身上だが、コンバーチブルにもその美点はしっかりと受け継がれているようだ。

シボレー コルベット コンバーチブルのサイドビュー。ルーフ開

熱や風の扱いに配慮したルーフシステム

ルーフの開閉に要する時間は約16秒で、48km/hまでなら走行中でも操作が可能。トノーカバーはジェットエンジンのエアインテークに着想を得た、空力重視の形状としている。走行性能にかかわるエアロダイナミクス面での貢献はもちろん、キャビンへの風の巻き込みを防止する役割も担っている。

軽量な複合材で出来たハードトップは、6個のモーターとエンコーダーを用いてスムーズかつ正確な開閉シークエンスを実現する。また、C8コルベットはドライバー背面にエンジンを配置するため、格納したルーフが冷却を妨げることのないよう配慮。また、収納スペース自体も複合材パネルと断熱シールドで構成されており、ルーフをエンジンの熱から守る設計としている。

シボレー コルベット コンバーチブルの北米発表会イメージ

ルーフを閉じればクーペ同等の空力性能に

ルーフの開閉に合わせて自動で昇降するウインドディフレクターは、風の巻き込みを軽減するだけでなく、キャビンの静粛性にも寄与。さらに、クーペの高性能版「Z51」のパフォーマンスパッケージに装着されるリヤスポイラーを採用し、ルーフシステム自体もスポイラーへ馴染むデザインに。結果、ルーフを閉じた状態だとクーペと同等の空力性能を実現しているという。

コンバーチブルのボディカラーは、クーペと同じくレッド、ホワイト、ブロンズ、ブルー、グレーから選択可能。また、クーペに設定のあるイエローの代わりに、深みのあるオレンジをラインナップしている。

日本仕様のC8コルベットは史上初の右ハンドル仕様を選べることも話題になったが、日本上陸するコンバーチブルも同様にハンドル位置は右となる。

シボレー コルベット コンバーチブルのサイドビュー。ルーフ閉

クーペの国内価格も正式に発表

今回、コンバーチブルの日本導入決定の報と同時に、これまで「予価」とされてきたクーペモデルの国内価格も発表された。ベースグレードの「2LT」が1180万円、上級装備の「3LT」が1400万円となる。国内向けには、ゼンリンデータコムと共同開発した完全通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」も標準装備。常に最新の地図に更新する先進のシステムが全車に搭載される。

シボレー コルベットのクーペとコンバーチブル2台のフロントイメージ

いよいよ国内仕様も詳らかになったC8コルベット。ミッドシップになった伝統のアメリカンスポーツがどんな走りと音を日本の道で見せるのか。1日も早い上陸が待たれる。

【SPECIFICATIONS(北米仕様)】

シボレー コルベット

ボディサイズ:全長4630×全幅1934×全高1234mm

ホイールベース:2722mm

トレッド:前1648 後1586mm

車両重量:1530kg(コンバーチブル=1572kg)

エンジン:V型8気筒OHV(LT2)

ボア×ストローク:103.25×92mm

総排気量:6153cc

圧縮比:11.5

最高出力:369kW(495hp)/6450rpm

最大トルク:637Nm/5150rpm

トランスミッション:8速DCT

駆動方式:RWD

ステアリング形式:電動パワーステアリング

サスペンション形式:前後ダブルウイッシュボーン

ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク(ブレンボ製)

ローター径:前321×30 後338×26(Z51=前345×30 後350×27)mm

キャリパー:前後4ピストン(Eブーストアシスト付き)

タイヤサイズ(リム幅):前245/35ZR19(8.5J) 後305/30ZR20(11J)

※日本仕様は右ハンドル

【車両価格】

コルベット クーペ 2LT:1180万円

コルベット クーペ 3LT:1400万円

コルベット コンバーチブル:1550万円

 

【問い合わせ】

GMジャパン・カスタマー・センター

TEL 0120-711-276