「鉄板溶接フェンダーがポイント!」新車から育て上げた渋すぎるR31スカイライン!

エクステリアは”渋カッコ良い”をテーマにメイキング

RB25+TO4Eタービンで戦闘力も高められたR31スカイライン

絶妙なワイドボディに、フェンダーアーチとギリギリのクリアランスでセットされたホワイトレターのタイヤ。さらに、ひと手間加えたサイドステップやリヤディフューザーなど外装を渋くまとめたこのR31は、オーナーが新車から乗り続けているという大切な相棒だ。

「日産党でグループAが好きだったので、R31を選んだのは当然の流れでした。未だに飽きることがない最高のクルマです」とはオーナー。

エンジンは元々のRB20が不調になったのを機に「オーバーホールするなら、安くて速いこっちの方が…」ということでRB25DETに換装。等長ステンEXマニとギャレットTO4Eタービンは、グループAホモロゲモデルのGTS-R用をセット。また、変換アダプターを介してRB26用6連スロットルも装着される。ラジエタータンクにはRB25DET-“R”のワンオフプレートをセット。

ボディメイクは千葉のボディショップ山中が担当。外装で一番の見どころと言える前後フェンダーは叩き出しでなく、鉄板を溶接で継いで成形されている。フェンダーアーチに対する攻めたタイヤクリアランスはカッコ良いの一言に尽きる。

ちなみにホイールはパナスポーツG7で、実はこれが3セット目。1セット目は盗難に遭い、2セット目は16インチのゴールド。オーナーいわく「今は17インチで、渋くガンメタを選んでみました」とのこと。

アンダーディフューザーはファーストモールディング製の汎用品を加工して装着。リヤバンパーの日産プリンスステッカーも渋さを引き立たせるポイントだ。

センターコンソールやシフトレバーまわりのパネルはカーボンでリメイク。各種スイッチが設けられる。また、助手席側ダッシュボードには追加メーターをセットするなど機能的な作りだ。

細部に至るまでオリジナリティを追求しながら、ひと目でカッコ良いと感じさせてくれるまとまり具合。長年に渡って進化させ続けてきたオーナーにとって、これが“R31の究極形”なのだ。