初モノづくしながら大躍進のダンロップ、開発のカギは“嗅覚”/第3戦鈴鹿GT500

 ダンロップはGT500では1台(Modulo NSX-GT)のみという圧倒的に不利な状態で戦っている。最大勢力のブリヂストンの9台に比べ、データ量は単純計算で1/9だ。

 そのうえ今季はマシンが新車になっただけでなく、MRからFRへと大きく変化。さらにドライバーはふたりとも初めてのダンロップだし、そもそもそのうちのひとりは新人だ。

 “初めて尽くし”のこの状況では、タイヤ戦争が世界一厳しいスーパーGTで結果を出すのに1年以上かかることも考えられる。ところがわずか3戦目にして、圧倒的な速さで予選を制した。

 ダンロップと言えば、17年の第6戦鈴鹿1000kmで優勝したときを思い出す。当時のタイヤと関連性はあるのだろうか。開発責任者である安田恵直氏は言う。

「多少はありますが、金型も構造も配合も変わっています」

「昨年から開発を進めてきたものが今年の開幕戦にようやく投入できて、さらに2戦を経て配合のバランスが取れた。また、我々は高荷重サーキットが得意なので、それらが噛み合った結果です」

 7月に行なわれた鈴鹿でのテストでは2番手タイムをマークし、手応えをつかんでいたという。

 決勝は残念ながらピックアップが発生してしまい、本来の実力は出し切れなかったが、スタート前は「ドライであるならば」ロングにも自信があった。

 これだけの躍進の原動力となったのが、ベテラン伊沢拓也の存在だ。彼と一緒に仕事をした人間は、みなその開発能力を絶賛する。

「ウチに来る前から評判は聞いていましたが、初めての走行であるセパンテストですぐその能力の高さを感じました。さまざまなタイヤの特性に合わせて、その良さを引き出そうとしてくれるので、今後の方向性を決めやすく、結果にも出やすいですね」

 伊沢のセンシング能力は細かく、マシンの各症状ごとに「これはクルマ」「これはタイヤ」と、どこに起因するのかを嗅ぎ分けることができる。その才能が機能したことも考えられる。

 ここからはこちらの推測だが、過去、ライバルと差をつけられた原因を、「ダンロップだから」で片づけられてしまったこともあったに違いない。

 ひと口にマシン開発と言っても、エンジン、車体、空力、タイヤなど各分野に分かれている。ライバルに遅れを取っている場合、何がどれだけ足りないのかを切り分けて考えることは難しい。じつはクルマの案件でも、「タイヤが原因」とされてしまうこともあったのではないか。それがはっきりすれば、開発もしやすくなるはずだ。

 車体側も、性能アップしたタイヤに合わせたセットで持ち込まれた。

 今季からModulo NSX-GTのトラックエンジニアに就任した加藤祐樹氏によれば、「低荷重域をケアしつつ、高荷重域は伸ばす」方向だ。唐突なグリップ変化をなくしてデグラデーションを防止し、レーキは意外だが富士よりつけていない。

 ダンロップは高荷重は得意だが、低荷重が苦手。富士ではセクター3区間が弱く、その対策としてハイレーキにしていたのだ。だが鈴鹿ではリヤグリップがなくなることから、控えめにしたという。

ダンロップは、かつては「鈴鹿のS字は片輪走行したほうがグリップが出る」と言われたほど高い荷重に強かった。今はそこまでではないものの、その特性は持続している。今回は富士の高速区間であるセクター2のデータをもとにマシンをセットして持ち込まれた。
ダンロップは、かつては「鈴鹿のS字は片輪走行したほうがグリップが出る」と言われたほど高い荷重に強かった。今はそこまでではないものの、その特性は持続している。今回は富士の高速区間であるセクター2のデータをもとにマシンをセットして持ち込まれた。

 今後、ダンロップが上位に食い込むためには、低荷重域でのパフォーマンスアップが必要だ。

 その代表でもあるもてぎは次戦の舞台。そこではニュースペックを投入する予定だそうだ。その結果次第で、今後のタイヤ戦争はますます激化していくことになる。