「クラス1にもGTEにも未来はない」とWRT代表。“GT3+”案に支持集まる【DTM2021年問題】

 DTMドイツツーリングカー選手権にアウディのプライベートチームとして参戦するかたわら、GT3マシンを用いたレースも幅広く手がけるベルギーのWレーシングチーム(WRT)。その代表であるヴァンサン・ボッセは、アップグレードされたGT3車両でDTMへの参戦が可能になるという現在検討中のアイデアについて「ハッピーだ」と語り、他のGTチームのボスもこのコンセプトへの支持を表明した。

 2018年末にメルセデス・ベンツが撤退、2019年にはアストンマーティンで参戦を開始したRモータースポーツが1年限りでシリーズを去り、さらに2020シーズンの終わりにはアウディが撤退することが発表されているDTM。

 アウディの撤退により、このままでは2021年はBMWが唯一の「クラス1」マニュファクチャラーとして残ることになり、シリーズの将来に疑問符が投げかけられている。

 その将来を確実なものとするため、現在はGT3の採用を含めたオプションが検討されている。

 英国Autosportは先週、DTMがDMSB(ドイツモータースポーツ連盟)に、GT3マシンをベースとした「GT Plus」(いわゆるGT3+)コンセプトの規則草案を提出したと報じた。

 DTMとトップレベルのGT3の両方でアウディカスタマーとしてレースを活動を展開するWRTのボッセは、この“GTフォーミュラ”案のために現行のDTM規則であるクラス1を捨て去ることは、ポジティブな動きであると信じている。

「クラス1車両に未来はない。おそらくGTEにも未来はないだろう」とボッセはSportscar365に語った。

「GT3を使った異なる選手権を提供するひとつのカテゴリーができるとしたら、それは(DTMではなく)GTと呼ばれるべきだろう」

「GT3は非常に競争の激しいカテゴリーだ。シングルシーターからGT3へとやってくるほとんどの若いドライバーの目標はGTのワークスドライバーであり、その先にDTMやLMPへのステップアップを視野に入れている。このゴールを持つことこそ、我々が必要としていることだ」

「目標をDTMドライバーのみに置くのであれば、GT3の世界に飛び込むのはより簡単だ。GT3であれば、より多くのシートとチャンピオンシップがあり、コンペティティブな環境で競う機会をより多く持てる」

「現在のDTMに変わってGTカテゴリーを導入するという決断に、私は介入することはできない。だが、もしそうなった場合、私としてはハッピーだね」

 ボッセは2019年に参入したDTMのプログラムには「完全に集中している」と付け加える。

 もしGT3をベースとした車両でDTMを戦うことになれば、WRTはGTのクルーをDTMのオペレーションに合併できるようになるだろう。現在、WRTではGTチームとDTMチームは分業体制をとっている。

「我々は(2021年に向け)現在のDTMクルーのためのプログラムを探している。もしそれが(DTMに導入される)GTということになれば、我々は楽に生き延びることができる」とボッセ。

「だが、我々はすべてを簡単にしてしまうことに熱心ではない。また、現在とは異なるチャレンジにも取り組みたいと考えている、DTMで何が起こるのか、注意深く見守っていくよ」

GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ・スプリントカップ第1戦ミサノ ケルビン・ファン・デル・リンデ/富田竜一郎(Belgian Audi Club Team WRT)
GTワールドチャレンジ・ヨーロッパ・スプリントカップ第1戦ミサノ ケルビン・ファン・デル・リンデ/富田竜一郎(Belgian Audi Club Team WRT)

■他の有力チームも「GT3+」を歓迎

 メルセデスAMGの一翼を担うゲットスピード・パフォーマンスのボスであるアダム・オシカも、GT Plusマシンへの移行が彼のチームにとって「興味深い」ものになると言及している。

 ドイツのニュルブルクリンクを拠点とするゲットスピードは今年、メルセデスAMG傘下となり、現在はGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ、IGTC、NLSニュルブルクリンク耐久シリーズ/ニュルブルクリンク24時間などで、GT3のエボカーを手がけている。

「DTMは、ヨーロッパで高く評価されている強力なブランドだ」とオシカ。

「私はこのコンセプトが機能することを確信しており、2021年にDTMでチームとして参入することに強い関心を持っている」

「我々にとっての主な魅力は、拡張されたGT3規則と、プロのレーシングドライバーによって競われるスプリントレースである点だ。このアイデアには多くの可能性がある」

 GT3車両がDTMで使用される可能性については、ROWEレーシングチームの代表であるハンス・ピーター・ナンドルフも先月、支持を表明している。

 ROWEレーシングチームは現在、GTワールドチャレンジ・ヨーロッパのエンデュランスカップでポルシェ911 GT3 Rをオペレートし、またNLSでは2台のBMW M6 GT3をしばしば現役DTMドライバーによってドライブさせている。

「DTMはファンとスポンサー双方にとって、依然として強力な牽引力を持っている」とナンドルフ。

「たとえそれが若手ドライバーの基盤を確保する目的だとしても、このプラットフォームを維持することはドイツのモータースポーツ界にとって重要だ」

「我々のチームには、すぐにレースができる適切なクルマがあるだけでなく、DTMの経験をもつスタッフも在籍している。また、DTM参戦に興味を持つパートナー(スポンサー)もいる」

「議論に対して、我々はオープンだよ。もし来年、GT3マシンでDTMを戦うことができるなら、ぜひ参戦したいね」

DTM第3戦ラウジッツリンク アウディRS5 DTM
DTM第3戦ラウジッツリンク アウディRS5 DTM