マクラーレン・オートモーティブ、新開発の自動車用軽量アーキテクチャーを発表

2021年発売のハイブリッドスーパースポーツに採用

マクラーレン・オートモーティブのマイク・フルーウィットCEOは、次世代電動スーパースポーツに採用される完全新規開発の自動車用軽量アーキテクチャーの導入を明らかにした。

新型アーキテクチャーが開発・製造されるマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センター

新たに開発されるハイブリッド・パワートレインに対応するために専用設計されたこの新型アーキテクチャーは、イングランド北部ヨークシャーに5000万ポンドを投資して建設した「マクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センター(MCTC)」で設計・開発・生産される。

様々なサイズの車両に使用可能なフレキシビリティを持つカーボンファイバー製アーキテクチャーは、革新的な開発プロセスや技術を活用したことで、余分な重量物を取り除き、車両全体の重量を大幅に削減。同時に安全性も向上させている。

この新型アーキテクチャーを採用した、マクラーレン初のハイブリッドスーパースポーツは、2021年に発売される予定となっている。

新型アーキテクチャーの製造工程

フルEVスーパースポーツへの転用も可能

マクラーレン・オートモーティブのマイク・フルーウィットCEOは、革新的な新型アーキテクチャーについて、以下のようにコメントした。

「この新しい画期的なアーキテクチャーは、10年前に我々が市販モデルの開発をスタートした際に開発したマクラーレン 12Cの『モノセル(MonoCell)シャシー』に比類する革新性を持っています」

「この完全新規開発された超軽量カーボンファイバー製シャシーは、これまで以上に構造的な完全性を持っています。もちろん高レベルの品質も確保されました。近い将来、MCTCは複合素材の研究・製造の世界的な拠点として認識されるはずです」

さらにフルーウィットCEOは、この新型アーキテクチャーにより、マクラーレンはフルEVスーパースポーツへの開発も可能にすると付け加えた。

「私たちにとって軽量化と電動化は、さらなる高性能と、より効率的なスーパースポーツを実現するために切っても切れない2大要素だと断言できます」