ピレリ、マシンの高速化を予想もF1ベルギーGPに昨年より1段階柔らかいタイヤを持ち込む

 今週末の第7戦ベルギーGPに向けて、ピレリは、ハードタイヤにC2、ミディアムタイヤにC3、ソフトタイヤにC4を選択した。これは、昨年のベルギーGPでのタイヤ選択より一段階ソフト寄りだ。

 このタイヤ選択になったのは、昨年はほとんどのドライバーがミディアムとソフトタイヤを選んだからだ。実際に、2019年は多くのドライバーがソフトタイヤを10セット選択し、ハードタイヤは1セットだけだった。

 なお、今年はドライバーごとにタイヤを選択することができないので、この選択は不可能だ。今年はハードが2セット、ミディアムが3セット、ソフトが8セットとなっている。

 ピレリのレーシング・マネージャーであるマリオ・イゾラは、次のように述べている。

「スパの評判自体が多くを物語っている。ここは昔ながらのコースで、高低差と変化に富んでいる。多くの挑戦と興奮があるため、ドライバーが気に入っているコースだ。これまでのシーズンのほとんどでそうだったが、我々はマシンが大幅に速くなると予想している。そうではあるが、今年のタイヤ選択は昨年よりも一段階ソフト寄りだ」

「スパは今年、例年の枠から日程変更がなかった数少ないラウンドのひとつだ。ここはおそらくコンディションを予測するのが最も難しいサーキットではあるが、チームは多くの関連データを持っているはずだ。だから変化する状況に迅速に適応できるチームとドライバーが、最も報われる傾向がある」

「今年ひとつ異なるのは、例年のように(ベルギーGPの)数週間前にスパ24時間レースが開催されなかったことだ。そのことが影響するかどうか見るのは興味深い。とはいえ、以前に残されたラバーはどのみち雨で流されてしまうことが多いのだが」

「最後に、しかし最も重要なことだが、今週末は全員の心の中心にアントワーヌ・ユベール(昨年スパで開催されたFIA-F2のレース中に亡くなった)の姿があることと思う。亡くなって1年になる彼を追悼したい」

 今回の3種のタイヤコンパウンドは、シルバーストンでの2戦目で使用されたものと同じだ。そのレースではメルセデスがタイヤのブリスターに悩まされ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに優勝を許している。

2019年F1第13戦ベルギーGP 決勝レーススタート
2019年F1第13戦ベルギーGP 決勝レーススタート