カワサキ、Z2・Z1シリンダーヘッド復刻を記念したカットモデルを発売

 8月20日、川崎重工はカワサキのモーターサイクルを象徴する歴史的なモデル『750RS』(1973年発売。以下、Z2)および、その国外向け輸出仕様である『900 super4』(1972年発売。以下、Z1)シリーズのシリンダーヘッド復刻を記念したカットモデルを発売することを発表した。

 発売から約半世紀が経った現在でも世界中のライダーから愛されているZ2・Z1シリーズは、的確なメンテナンス・レストア等により、多くの車両が実走しているバイクだ。

1972年発売のカワサキ900 super4(カワサキZ1)
1972年発売のカワサキ900 super4(カワサキZ1)
1973年発売のカワサキ750RS(カワサキZ2)
1973年発売のカワサキ750RS(カワサキZ2)

 カワサキは、Z2・Z1シリーズがこの先も走り続けて欲しいという想いで、最も代替が難しいシリンダーヘッドを再生産し2020年1月より販売している。今回はこの復刻を記念してシリンダーヘッドのカットモデルをオブジェとして販売するという。

 シリンダーヘッドカットモデルは、台座にシリアルナンバー入りの銘板が付属する1点ものだ。価格は25,000円(税込)で、カワサキの公式サイトからメールで応募する必要がある。

 申込み期間は、2020年9月1日(火)~9月15日(火)。50個という数量限定のため申込者の中から抽選での販売となる。

詳細は、下記サイトから
https://www.khi.co.jp/news/detail/z2z1.html