シトロエン・ベルランゴのオンライン発表会を8月26日19時に開催。カタログモデルとともに導入特別仕様車も発表

■ルノー トゥインゴの好敵手が日本上陸

シトロエンの新型MPV「ベルランゴ」のカタログモデルがついに発表されます。先行予約モデルは2019年10月と11月に発売され、5時間半でオーダーストップになったそう。

以前お伝えしたように、ライバルと目されるルノー トゥインゴよりもひと回り大きく、ルーミーなキャビン、両側スライドドア、高速道路を使ったロングドライブでも疲れを誘わない走りやシートの良さなど、魅力がたくさんつまっています。

シトロエン ベルランゴ
シトロエン・ベルランゴのカタログモデルのオンライン発表会が開催

ボディサイズは全長4405×全幅1855×全高1840mm。130PS/300Nmの1.5Lディーゼルターボは数値以上にトルク感、高速域でのパンチ力もあり、アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストなどによりロングクルーズも容易にこなしてくれます。

シトロエン ベルランゴ
シトロエン・ベルランゴのカタログモデル発表会には、カタログモデル導入特別仕様車もあるそう

グループPSAジャパンは、カタログモデルのオンライン発表会を8月26日(水)19時から、下記のシトロエン公式YouTubeチャンネルで行うとアナウンスしました。このオンライン発表会では、カタログモデル導入特別仕様車の発表もあるそうで、プレス関係者だけではなく、一般の方も視聴できます。

シトロエン ベルランゴ
シトロエン・ベルランゴのインパネ

また、シトロエン・ベルランゴだけでなく、プジョー・リフターの日本導入も決定していて、フランス製MPVの2モデルが日本のレジャーやアウトドア、ドライブやカーライフに新たな選択肢を与えてくれるはずです。

※上記写真には先行予約モデルも含まれています。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、シトロエン)