F1技術解説第6戦編:冷却に悩まされたサインツJr.はパワーユニットを全交換。出力低下の症状も

 シーズン6戦を終えて、各メーカーのパワーユニット(PU)にそろそろ疲れが出始めたようだ。それはメルセデス製パワーユニットも例外ではない。第6戦スペインGPでは、レーシングポイントのセルジオ・ペレスが2基目のCEとバッテリーを交換した。3基目からは、ペナルティが適用される。

 ルノー製パワーユニットにも、いろいろなトラブルが出ている。マクラーレンのカルロス・サインツJr.はここ3戦ほど冷却の問題に苦しんでいる。そのため第5戦70周年記念GPでのサインツは、空力性能をある程度犠牲にした冷却重視のマシンに乗らざるを得なかった。

 その後モノコックを交換しても改善は見られず、スペインGPの土曜日にパワーユニット全交換に踏み切った。その結果、オーバーヒート症状はほぼ消えてなくなった。さらに本来の空力パッケージに戻ったことで、サインツJr.は7番グリッドを獲得した。データを解析したところでは、交換前のパワーユニットはあきらかに出力低下の症状が出ていたとのことだ。

セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
2020年F1第6戦スペインGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
カルロス・サインツJr.(マクラーレン)
2020年F1第6戦スペインGP カルロス・サインツJr.(マクラーレン)

 ルノーワークスのエステバン・オコンもこの2戦、同様の出力低下に見舞われていた。そのせいかスペインGP予選でのオコンは、チームメイトのダニエル・リカルドから0.4秒落ち、15番手という復帰後最悪のグリッドしか獲れなかった。

 開幕4戦におけるリカルドに対するオコンのラップタイムの遅れは、平均して0.239%だった。それが第5戦70周年記念GPでは0.433%に跳ね上がり、第6戦スペインGPでは0.478%とさらに上がった。テレメトリーデータによれば、ストレートでは時速2〜4km遅かった。

 リカルドはシルバーストンで2基目に交換しており、その差が出た可能性が高い。次の3連戦はスパ・フランコルシャン、モンツァ、ムジェロと、いずれもパワーユニットにはかなり負荷が高い。そのためオコンも、次戦ベルギーGPで交換予定だ。

エステバン・オコン(ルノー)
2020年F1第6戦スペインGP エステバン・オコン(ルノー)