ホンダ八郷社長、琢磨2度目のインディ500制覇に「この快挙達成の喜びを分かち合いたい」

 8月23日にインディアナポリス・モータースピードウェイで第104回インディアナポリス500マイルレースの決勝が開催され、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨が2017年以来、2度目となるインディ500制覇を成し遂げた。

 この結果に、本田技研工業の八郷隆弘代表取締役社長はホンダのプレスリリースで喜びのコメントを発表している。

 毎年5月末、米国のメモリアルデイ(戦没将兵追悼記念日)の前日に行われるインディ500だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年は8月に変更。いつもは30万人を超える観客が見守る中、レースが行われるが、今年は無観客での開催となった。

 午後2時半過ぎに200周のレースがスタート。チップ・ガナッシ・レーシングのスコット・ディクソンがレースをリードする。

 予選3番手を獲得しフロントロウからスタートした佐藤琢磨は、上位を争い終盤トップに浮上。ディクソンのアタックからトップを死守する。

 残り5周となったところで、スペンサー・ピゴット(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)がクラッシュを喫し、イエローコーションに。

 レースはそのままアンダーイエローのままチェッカーフラッグを迎え、佐藤琢磨が2017年以来、2度目のインディ500制覇を成し遂げた。

 琢磨は史上20人目のインディ500マルチウイナーとなり、ホンダエンジンとしては2017年以来、3年ぶりとなる通算13勝目を挙げた。

 この快挙に本田技研工業株式会社の代表取締役社長である八郷隆弘氏がリリースでコメントを発表。

「世界3大レースのひとつであるインディ500で2度目の勝利を挙げ、世界のモータースポーツの歴史に新たな足跡を残すことになった琢磨選手と、チームおよび関係者の方々、そして、琢磨選手を応援してくださっているファンの皆さまに心からの感謝申し上げるとともに、この快挙達成の喜びを分かち合いたいと思います」

「またこのニュースが、新型コロナウイルス感染拡大の影響が続く世の中にとって明るい話題となることを願います。琢磨選手、本当におめでとう!」と琢磨の快挙を喜んだ。