ピレリF1、トラブルの後、2021年用タイヤのテスト計画を変更。3年目の使用に備え改善目指す

 F1タイヤサプライヤーのピレリが、2021年用プロトタイプタイヤのテストをシーズン中盤以降に延期することを決めた。2020シーズンにおいては、タイヤテストはグランプリの金曜フリー走行2回目を利用して行われる。

 ピレリが2020年用に開発したタイヤをチーム側が拒否したため、今年は2019年型タイヤが使用されている。コロナパンデミックの影響で、FIAはチームのコストを削減するため、2021年に予定されていた大幅な技術規則変更および18インチタイヤ導入を2022年に延期。そのため、基本的には現行のタイヤが2021年にも引き続き採用されることになった。

 一方でFIAは、イギリスGPで複数のマシンにタイヤトラブルが発生したことを受け、2021年のマシンのダウンフォースレベルを予定していたよりも大幅に引き下げることを決めた。決勝終盤、メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス、マクラーレンのカルロス・サインツJr.のタイヤにデラミネーションが起き、ピレリはその後の調査によって、長時間にわたる使用、現在のF1マシンによる強大な負荷が主な原因であると発表した。

2020年F1第4戦イギリスGP決勝 カルロス・サインツJr.(マクラーレン)のタイヤがパンク
2020年F1第4戦イギリスGP決勝 カルロス・サインツJr.(マクラーレン)のタイヤがパンク

 これ以前に、ピレリタイヤの耐久を助けるため、2021年のマシンのダウンフォースレベルを引き下げることでチームは合意していたが、シルバーストンでの問題を受け、FIAは「すでに合意していた空力変更では不十分であることが判明した」として、ダウンフォースレベルをより大幅に引き下げる方針を定め、これをチームに通知した。チームとの協議を行い、世界モータースポーツ評議会会合での承認を得てから正式に決定されるが、安全上の変更であるため、全チームからの合意は必要とされない。

 現在のタイヤの改善に努めるピレリは、2021年プロトタイプのテストを当初、第5戦70周年記念GP、第6戦スペインGPのFP2で行う予定だったが、シルバーストンでのトラブルの後、テストの延期を決めた。代わりの日程はまだ確定していないものの、ヨーロッパラウンドの2戦のFP2を利用する予定だということだ。

 2020年シーズンは、タイヤ専用テストを行うことが困難であるため、プロトタイプのテストをグランプリ金曜FP2最初の30分に行うことが、規則で許可されており、全ドライバーがこれに参加しなければならない。