GOLDEX mobileがスーパーフォーミュラ・ライツ第1ラウンドのラウンドパートナーに

 GOLDEX株式会社は、GOLDEXが提供する通信サービス『GOLDEX mobile』ブランドが8月29日〜30日にツインリンクもてぎで開催される全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第1ラウンドの公式ラウンドパートナーに就任したと発表した。

 GOLDEXは、2019年に『GOLDEX Racing Team with B-Max motopark』というかたちでスポンサーとして全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦。本年度はドライバーマネジメント会社の有限会社ランブラスと共同で『GOLDEX Racing Project』を立ち上げ、スーパーフォーミュラやスーパーGTへの支援を継続させていくとともに、海外若手ドライバー育成プロジェクトとしてユーロフォーミュラ・オープン『CRYPTOTOWER Racing Team』を結成して参戦し、開幕戦で日本チームとして初めて完全制覇を達成した。

 さらに今回、国内での若手ドライバー育成にも目を向け、今年から新たに開催されるスーパーフォーミュラ・ライツの記念すべき第1大会となるもてぎラウンドに、ラウンドパートナーとして協賛する。これにともない、大会正式名称は『GOLDEX mobile 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権もてぎラウンド』となり、副賞として第1戦、第2戦、第3戦の各クラス優勝者に対して1年間通信料無料の携帯端末『GOLDEX モバイル』が各1機提供される。