アメリカの民間投資会社『ドリルトン・キャピタル』がウイリアムズ・レーシングを買収へ

 8月21日(金)、ウイリアムズ・レーシングは、アメリカに本社を置く民間投資会社『ドリルトン・キャピタル』に買収されたことを公式ホームページで発表した。

 今年の5月末、ウイリアムズ・グランプリ・ホールディングス(WGPH)は、WGPHの株式の過半数を売却することを検討していることを明らかにしていた。またF1の元最高経営責任者であるバーニー・エクレストンは、「ウイリアムズの消滅は大きな損失だ」と語り、ウイリアムズの買い手を探す手伝いを買って出たという。

 そんななかウイリアムズは、戦略的な見直しの一環として、グループのファイナンシャルプランナーとともにすべてのオプションを見直し、複数の投資家と予備交渉などを行った。

 その結果、ドリルトン・キャピタルがウイリアムズを買収することが決定。ただしチームはウイリアムズのブランドのもとでレースを続け、シャシーの名前は変わらない。また、チームの本拠地をイギリスのグローブから他の場所に移す計画もないという。

 ウイリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウイリアムズは、今回の売却はチームの存続を保証するものだとチームの公式サイトにコメントを寄せた。

「戦略的な見直しは、経験する価値のある有益なプロセスであり、F1とウイリアムズの双方が信頼性と価値を持っていることを証明しました。私たちは結論に到達し、ドリルトンがチームの新しいオーナーになったことを嬉しく思っています」

「チームを再び成功させること、社員を守ることは、最初からこのプロセスの中心にありました。これで家族経営チームとしてのウイリアムズの時代は終わりかもしれませんが、私たちは安泰な状況になると理解しています」

「この売却はチームの存続を保証しますが、最も重要なことは成功への道を提供することです」

 またドリルトン・キャピタルの会長であるマシュー・サベージは、ウイリアムズとの協力を楽しみにしていると述べた。

「ウイリアムズの投資できたことを嬉しく思っており、このビジネスの可能性にとても興奮している。我々の柔軟で忍耐強い投資スタイルにより、チームはグリッドの先頭に戻るという目標に集中できるだろう。我々はウイリアムズにとって理想的なパートナーだと考えている」

「どの分野に新たな投資を行うべきかを決定するために、事業の詳細な見直しを行う点で、ウイリアムズと協力することを楽しみにしている」

「また、グローブには世界クラスの施設があることを認識しており、移転の計画はない」