『アウディQ7』がさらに精悍にモデルチェンジ。48V電装系の標準化やデビュー記念限定車も設定

 最大7人乗りの広くて上質な室内空間を備えた旗艦SUV『アウディQ7』が全方位で進化を果たすモデルチェンジを実施。3リッターV6搭載モデルには48V電装システムによるマイルドハイブリッドドライブシステムを標準搭載としたほか、新型モデル登場を記念して2リッター搭載モデルに310台の限定車も設定され、8月18日より発売開始となっている。

 7シーターSUVの先駆けとして登場した『アウディQ7』は、2016年に現行型の2代目へとフルモデルチェンジ。全長5m級のボディサイズながら、2リッター直列4気筒直噴ターボを搭載するなど、ダウンサイジングの潮流も取り入れた先進のSUVとして認知されてきた。

 その2代目初の大幅改良となった今回は、エクステリアのみならずインテリア、パワートレイン、インフォテインメントシステム、先進安全装備など全方位で進化を遂げ、その外観はQモデル用にデザインされたオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルなどで、さらに力強くスポーティな印象となった。

 乗車定員は従来と同様に5名を標準とし、オプションで7人乗り3列シート仕様の“7シーターパッケージ”も設定。2列目は3座独立型で個別のシートスライドやリクライニングが可能なほか、3列目は電動格納式としている。

 注目のラゲッジ容量も5人乗車時で890リッター、2列目まで畳めば2075リッターもの容量を確保することができ、3列シート仕様でも同条件で1955リッターの容積を誇っている。

 パワートレインは2機種が用意され、55 TFSI quattroには3リッターV6直噴ターボを搭載。このエンジンに、48V電源とマイルドハイブリッド(MHEV)ドライブシステムを組み合わせることで高効率化し、最高出力340PS、最大トルク500Nmを発生する。

 一方、45の呼称を持つ高効率な2リッター直列4気筒ターボ搭載グレードは、最高出力252PS、最大トルク370Nmを発揮。JC08モード燃費は11.0km/ℓを達成するなど、優れた省燃費性能も備える。

最新のデザインキューを持つLEDヘッドライトを採用。足元には、標準車が19インチ、S lineが20インチのアルミホイールを標準装備する
最新のデザインキューを持つLEDヘッドライトを採用。足元には、標準車が19インチ、S lineが20インチのアルミホイールを標準装備する
フラットな左右のリヤライトをつなげる印象的なアルミニウムストリップを配置。ライトグラフィックの効果もあり、より水平基調の印象を強めた
フラットな左右のリヤライトをつなげる印象的なアルミニウムストリップを配置。ライトグラフィックの効果もあり、より水平基調の印象を強めた

 ともにトランスミッションには8速ティプトロニックを組み合わせ、3リッターのquattroモデルは機械式センターディファレンシャルにより、通常時には前後40:60にトルクを非対称に配分し、路面状況によって前後70:30~15:85へと可変させることで、優れたトラクションと操縦安定性を両立させた。

 その4WD機構と合わせてハンドリングを支える足元には、+60mmのリフトモードから、-30mmのハイウェイモードまで4段階で車高調整が可能なエアスプリングと、減衰力を連続的に調整できるショックアブソーバーを持つアダプティブエアサスペンションもオプション設定。さらにスポーティな“S line”には、車高を15mm低めてよりスポーティなチューニングを施した、アダプティブエアサスペンションスポーツを標準装備している。

 また、安全運転支援システム(ADAS)もアップデートされ、従来のアダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合した“アダプティブドライビングアシスタント(ADA)”を搭載。

 車間距離保持機能を盛り込んだクルーズコントロールと車線維持機能や、走行中にドライバーに異常が発生した際に、システムがドライバーに注意を促すとともに、ドライバーからの反応がない場合には車線を維持しながら車両を緩やかに減速・停止するなど、疲労軽減と安全確保に大きく貢献する。

 また、今回の新型モデル登場を記念して2リッターモデルをベースに設定される限定車『Q7 45 S line limited』は、3列目シート、4ゾーンエアコンディショナー、パワークロージングドアを含む“7シーターパッケージ”に、ブラックの加飾やプライバシーガラスなどを含めた“プレミアムパッケージ”を採用。

 足元には21インチアルミホイールを特別装備した上で、限定車専用色のバリークブラウンメタリックをはじめ、グレイシアホワイトメタリック、デイトナグレー、オルガブラックメタリックの計4色を設定した。

 価格は3リッターモデルの55 TFSI quattroが957万円、同55 TFSI quattro S lineが1020万円に。310台限定の45 S line limitedは975万円(いずれも税込)となっている。詳細はアウディの公式ホームページ(https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7.html)まで。

12.3インチディスプレイのアウディバーチャルコックピットを装備。コンソールにはハプティックフィードバックを備えた大型タッチスクリーンを上下に2つ配した
12.3インチディスプレイのアウディバーチャルコックピットを装備。コンソールにはハプティックフィードバックを備えた大型タッチスクリーンを上下に2つ配した
限定車『Q7 45 S line limited』は、3列目シート、4ゾーンエアコンディショナー、パワークロージングドアを含む“7シーターパッケージ”が標準となる
限定車『Q7 45 S line limited』は、3列目シート、4ゾーンエアコンディショナー、パワークロージングドアを含む“7シーターパッケージ”が標準となる