アルファロメオ、ジュリアとステルヴィオを改良。新CMに笑顔のキミ・ライコネン登場

 FCAジャパンは、アルファロメオの主力モデルである『ジュリア』と『ステルヴィオ』の改良新型を発表。インテリアの質感向上や先進安全装備を充実させながら、エントリーグレード“スプリント”を設定し、2020年10月3日(土)より販売を開始する。

 新設定のジュリア“スプリント”は460万円(税込)、ステルヴィオ“スプリント”は589万円(税込)と求めやすい価格設定を実現している。

 アルファロメオは今回、両モデルに運転支援システムやインフォテインメント機能を充実させたほか、インテリアの質感向上に注力し快適さを進化させている。

 インテリアは、車両の設定やスマートフォンとの連携が可能なコネクトシステムに8.8インチタッチディスプレイを採用。また、新たにナビゲーションシステムを採用するなど機能を大幅に充実させた。

 これにともない、センターコンソールまわりの素材や形状が変更され、インテリアの質感が向上している。

アルファロメオ・ステルヴィオ
アルファロメオ・ステルヴィオ
アルファロメオ・ステルヴィオ
アルファロメオ・ステルヴィオ

 運転支援システムは、前走車と一定の車間距離を保ちながら速度を合わせて追従するアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)に、ハイウェイアシストシステム(HAS)を追加。これはシステムが車線中央付近の走行を積極的にサポートしドライバーの負担を軽減するものだ。

 レーンキーピングアシストでは車線からはみ出しそうになった際に、ドライバーにグラフィックや音で注意を促し、必要に応じてステアリング補正を行うことで安全運転に寄与する。

 また、一般道を含む渋滞時においてドライバーの負荷を軽減するトラフィックジャムアシスト(TJA)や、一般道ならびに高速道路で道路標識を認識し、メーター内に表示するトラフィックサインレコグニション(TSR)、TSR が検知した制限速度に応じてACCの速度設定を素早く切り替えられるインテリジェントスピードコントロール(ISC)など、先進的な運転支援機能を備えている。

 さらに、ミラーの死角にある並走車を認識しミラー内の警告ランプによりドライバーに注意を促すだけでなく、危険な車線変更に対してステアリング補正を行うアクティブ・ブラインド・スポットアシストや、ドライバーの注意力の低下を検知するドライバーアテンションアラートを搭載し安全運転をサポートする。

アルファロメオ・ステルヴィオ
アルファロメオ・ステルヴィオ

 この他、機能面ではステルヴィオに、車両に触れることなくリヤバンパー下部へ足でジェスチャーを行うことにより開閉可能なハンズフリーテールゲートも採用された。

 ステルヴィオのトップグレード“クアドリフォリオ”には、サンルーフが標準で備わる。足まわりでは路面からの入力に応じて減衰力を最適化するFSDショックアブソーバーが新たに採用された。

 新グレードのジュリア“2.0ターボスプリント”は200psを発生する直列4気筒ツインスクロールターボ、ステルヴィオの“2.2ターボディーゼルQ4スプリント”には、210psを発生する直列4気筒ターボを搭載。ともに走りを求める人をターゲットにしたグレードとなっている。
 
 このグレードには18インチアルミホイール、ナチュラルレザーシート(6ウェイ電動調整機能付き)、タッチディスプレイ付きコネクトシステム、アクティブブラインドスポットアシストなどが標準装備され、さらに、ステルヴィオ“2.2ターボディーゼルQ4スプリント”では、前述のハイウェイアシストシステム、トラフィックジャムアシスト、インテリジェントスピードコントロールなども備わる。

 ジュリアは計5グレード展開で車両価格は460万円~1174万円(税込)、ステルヴィオは計4グレード展開。こちらの車両価格は589万円~1232万円(税込)だ。

アルファロメオ ・ジュリア、ステルヴィオ
アルファロメオ ・ジュリア、ステルヴィオ
アルファロメオ ・ジュリア、ステルヴィオ
アルファロメオ・ジュリア
ステルヴィオ 『2.2 TURBO DIESEL Q4 SPORT PACKAGE』
ステルヴィオ 『2.2 TURBO DIESEL Q4 SPORT PACKAGE』

問い合わせ:アルファロメオ https://www.alfaromeo-jp.com