新型レヴォーグ最大の注目点、新世代アイサイトによるスバル初の新たな機能とは?【SUBARU LEVORG】

■新型のステレオカメラや高精度3D地図などを採用。渋滞時ハンズオフアシストも搭載

2020年後半に発売予定とアナウンスされている、SUBARUの新型レヴォーグのプロトタイプ試乗会がプレス向けに開催されました。トピックスはいくつもありますが、最大の目玉は新世代アイサイト。走らせたのは、限られた条件下のクローズドコースでしたが、その完成度はすこぶる高く、これだけでも新型レヴォーグを買う価値がある!! といえる仕上がりになっています。そのインプレッションを前に、ここでは、新世代アイサイトのシステムと新たに加わった機能をご紹介します。

SUBARU レヴォーグ
新型レヴォーグ(プロトタイプ)のプレス向け試乗会が開催された

ステレオカメラは現行型の日立オートモティブシステムズ製からVeoneer(ヴィオニア)製にスイッチしています。ヴィオニアは、スウェーデンのAutoliv(オートリブ)のエレクトロニクス部門が分社化され、先進運転支援システム(ADAS)、拘束制御システム(AD)に特化した世界最大の専業企業。

SUBARU レヴォーグ
新型レヴォーグに採用される新型ステレオカメラ

新たに採用されたステレオカメラは、従来型から大幅に小型化されたのと同時に広角化も果たしているそう。さらに、On Semiconductor(オン・セミコンダクター)製の「AR0231」ADAS用2.3メガピクセルHDRイメージセンサが搭載されています。こちらは、優れた低照度感度、最大140dBハイダイナミックレンジ、LEDフリッカ低減、ASIL-B対応、車載グレードが特徴で、高架下やトンネルから出る際などの「白とび」などが起こらず、LED信号やLEDヘッドライト、LEDテールライトなどの検出も可能になるといいます。なお、オン・セミコンダクターは、車載カメラ用イメージセンサで世界シェアトップを誇っています。

SUBARU レヴォーグ
ステレオカメラは、Veoneer(ヴィオニア)製にスイッチ

新型レヴォーグにはさらに、前側方ミリ波レーダーが前方両サイド(2つ)、後方両サイド(2つ)の計4つ配されていて、さらにリヤソナー、電動ブレーキブースターの採用により、安心・安全をさらに引き上げています。さらに、3D高精度地図ユニット、ドライバーモニタリングシステム、静電式タッチセンサを採用するステアリングタッチセンサを採用。また、自車位置測位は、GPS、準天頂衛星、先述の3D高精度地図データなどを活用します。

SUBARU 新型レヴォーグ
新型レヴォーグ(プロトタイプ)のエクステリア
SUBARU 新型レヴォーグ
新型レヴォーグには、渋滞時ハンズオフアシストも搭載される

これらにより、高速域ではコーナー手前での速度制御、料金所前速度制御、自動車線変更である「アクティブレーンチェンジアシスト」、渋滞時ハンズオフアシスト、渋滞時発進アシスト、ドライバー異常時対応システムが盛り込まれていて、いずれもSUBARU初採用になります。

従来の「アイサイト」に加えて、新たに衝突回避をサポートする状況として、自車右折時の対向車への対応があります。これは自車約1km/hから20km/h内で作動。さらに、自車右折時は、対歩行者にも対応します。こちらは、自車速度約10km/h〜20km/h以下が作動条件。加えて、横断自転車にも対応し、自車速度約20km/h〜60km/hが作動条件。いずれもSUBARU初。

「プリクラッシュステアリングアシスト」もSUBARU初対応で、ブレーキ制御だけでは衝突回避が困難な場合でもシステムが操舵制御を担い、衝突回避をサポートします。作動条件は80km/h以下。

SUBARU 新型 レヴォーグ
新型レヴォーグ(プロトタイプ)のリヤビュー

「前側方プリクラッシュブレーキ・前側方警戒アシスト」もSUBARU初。これは、前側方レーダー(ミリ波)で前側方からの接近車両を検知し、警報(自車速約60km/h以下)、ブレーキ制御(自車約20km/h以下)で衝突を回避する機能。

SUBARU 新型 レヴォーグ
新型レヴォーグ(プロトタイプ)のインパネ

国内初採用になる「エマージェンシーレーンキープアシスト」は、車線変更・逸脱時に隣接車線の車両接近を検知し、警告・ステアリング操作をアシストする機能で、約60km/h〜120km/hが作動条件になります。

(文/塚田勝弘 写真/井上 誠)