「ペレスとクビアトへの青旗無視ペナルティは妥当」FIA、2020年F1では取り締まりを厳格化

 2020年F1第6戦スペインGPで、レーシングポイントのセルジオ・ペレスとアルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは、ブルーフラッグ無視を犯したとしてペナルティを科された。この件について、FIAレースディレクターのマイケル・マシは、シーズン初めの段階でドライバーたちに対して、周回遅れになるマシンの行動を厳しく取り締まることは警告していたと述べた。

 ペレスとクビアトはそれぞれ、周回遅れになる際に集団グループに道を譲るのが遅すぎたと判断され、ブルーフラッグ無視の違反を犯したとして、5秒加算のペナルティおよびペナルティポイント1を科された。

 ペレスはレース後、自分は可能な限り早く道を譲ったと主張し、この裁定は「とても不公平」だと発言した。

 マシは、ドライバーに対しては、今年ブルーフラッグ無視を厳しく取り締まることは事前に通知済みだったと語った。

「セルジオとクビアトは、ブルーフラッグに従わなかったためにペナルティを受けた」とマシは言う。

2020年F1第6戦スペインGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第6戦スペインGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

「ふたりとも道を譲るのに時間がかかりすぎたというのが私の見解だ。この件については開幕戦オーストリアの後のドライバーミーティング、つまりシュタイアーマルクGPで話し合った」

「今年はブルーフラッグの取り締まりをこれまでよりもはるかに厳しく行うという話をした。その後、今回初めて、2台にペナルティを出した」

「レギュレーションで、他のマシンを前に出す際には、最初に訪れた機会に譲らなければならないという方針が定められている。そのなかには、他のマシンとの関係における合理的な要素を考慮するため、ある程度の裁量の余地は認められている」

「しかしふたりは明らかにそれを超えていたので、スチュワードに報告された。定められた行動をしなかったために、5秒のペナルティを科されたのだ」

「私が受け取ったブルーフラッグに関する報告からすると、F1各チームはこの措置に同意しているようだ。多数のマネージャーたちが、ブルーフラッグを無視した人間がペナルティを受けるのは喜ばしいことだと言っている」