フェラーリ、マクラーレン、ウイリアムズが新コンコルド協定にサイン。2025年末までのF1参戦が確定

 フェラーリ、マクラーレン、ウイリアムズがF1の商業面等の条件を定める新コンコルド協定に署名し、少なくとも2025年までF1に参戦することが確定した。

 規制、管理、商業面に関する現コンコルド協定の期間が2020年末までであるため、2021年以降への新契約に向け、F1、FIA、各チームが交渉を行ってきた。

 来季からのコンコルド協定を締結する第一の期限は今週であると考えられている。第一の期限までに契約を結ぶとボーナスが与えられるが、最終期限は今月末であるとみられる。

 8月18日、フェラーリ、マクラーレン、ウイリアムズが2021年から2025年の新コンコルド協定にサインしたことをそれぞれ発表した。契約内容は通常、各チームとF1運営側の間の秘密事項とされ、正式に公表されることはない。

 1950年以来、F1のすべてのシーズンに出場し続けているフェラーリの参戦継続について、フェラーリCEOルイス・カミッレーリは「このスポーツの安定および成長を確保するための重要な一歩である」とコメントした。

「FIA、リバティ・メディアとの協力のもと、F1を技術面での究極なチャレンジの場としてのステータスを維持しつつ、より一層魅力的で注目を集める存在にすることが可能であると確信している」

「レースはフェラーリのDNAである。だからこそスクーデリアは、FIA F1世界選手権すべてのシーズンに参戦してきた唯一のチームなのであり、現在も、過去も、将来も、シリーズ成功にとって欠くことのできない重要な要素なのだ」

 マクラーレンは1966年からF1に参戦している。マクラーレン・レーシングのCEOザク・ブラウンは、「F1はこの新たな協定により、持続可能な強力な将来に向けて重要な一歩を踏み出した」とコメントしている。

「F1、そのオーナーおよびチーム、なによりもファンにとって、正しいタイミングでの正しい協定である」

「より公平なスポーツとすることがすべての者にとってより望ましいことだ。全チームの間での収益の分かち合いのバランスを改善し、既得権に切りこみ、スポーツを優先する、より明確かつシンプルな統治がなされるのだ」

「F1、FIA、全チームが、将来の財政、技術、競技規則について、過去数カ月間取り組んできた結果、新しい協定が築き上げられ、補完された。すべての者が、より大きな成果のために譲歩した。その大きな成果とは、F1を未来の世代のために、より競争の激しいエキサイティングなものにし、繁栄させ、競技者およびファンにとって健全なスポーツにすることである」

カルロス・サインツJr.(マクラーレン)
2020年F1第6戦スペインGP カルロス・サインツJr.(マクラーレン)

 ウイリアムズの副代表クレア・ウイリアムズは、「新しいコンコルド協定は、F1とウイリアムズ両者にとって大きな前進です。私たちは次なる時代に向けたF1の今後の方向性に満足しています」と語った。

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2020年F1第6戦スペインGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

「リバティ・メディアとともに、私たちは次なる時代は、より公平な収益分配およびF1初のコストキャップを含むレギュレーションの新たなプラットフォームにより、より接戦でエキサイティングなレーシングという特徴を持ったものになると期待しています」

「この協定はF1発展における大きな節目になると同時に、ウイリアムズがトップに戻るための旅路を進み続ける上で、大きな機会にもなります」

 メルセデスを含む他のチームも、間もなくコンコルド協定へのサインを発表するものと考えられている。