BMW X3初の改良型が開発中。プロトタイプを初スクープ

■キドニーグリルは大型化か? ヘッドライトやテールライトのデザイン刷新へ

BMWは、初のEVクロスオーバーSUV「iX3」市販型をワールドプレミアしたばかりですが、ベースとなる「X3」の改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

BMW X3_004
BMW X3 改良型プロトタイプ

X3は2004年に初代が登場して以来、日本でも人気モデルに成長しています。現行モデルは2017年に登場しており、これが初の大幅改良です。

BMW X3_009
BMW X3 改良型プロトタイプ

キャッチしたプロトタイプは、フロントエンドとリアエンドを厳重にカモフラージュしています。しかし、前後バンパーが変更されているほか、グリル下部のエアインテークをスリム化、コーナーエアインテークの新デザインも一部確認できます。また完全にガードされているキドニーグリルが大型化されるかも注目です。

LEDデイタイムランニングライトのユニットはダミーですが、テールライトはグラフィックスが刷新されている様子がうかがえます。

BMW X3_007
BMW X3 改良型プロトタイプ

キャビン内では、ソフトウェアやインフォテイメントシステムを更新するほか、ギアセレクタとiDriveコントローラーが新デザインになる可能性があると思われます。。

X3改良型のパワートレインは、2.0リットル直列4気筒ガソリン/ディーゼルターボ、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ+電気モーターのPHEVなどのラインアップをキャリーオーバーするとみられます。

ただし、エクステリアの刷新ととともに一部をアップグレード、二酸化炭素排出量を抑えるなどし、アウディ「Q5」、メルセデス・ベンツ「GLC」、ジャガー「Fペース」、ボルボ「XC60」、アルファロメオ「ステルヴィオ」など多数の強豪ライバルに対抗していく構えです。

X3改良型のワールドプレミアは2021年後半と予想されています。

(APOLLO)