WorldRX:元王者マティアス・エクストロームが電撃復帰。KYB Team JCから開幕戦へ

 FIAの世界選手権格式となるWorldRX世界ラリークロス選手権の元王者で、DTMドイツ・ツーリングカー選手権覇者でもあるマティアス・エクストロームが、2020年のWorldRX開幕戦に電撃復帰することが決定。8月22~23日の週末にスウェーデンの“聖地”ホーリエスで開催される第1戦にKYB Team JCから参戦し、ロビン・ラーソンとともにアウディS1 RXクワトロのステアリングを握ることが発表された。

 ラリークロス競技への散発的なエントリーを経て、2014年から自らが立ち上げた組織となるTeam EKS RXを率いてこの世界選手権にチャレンジしたエクストロームは、その後の数シーズンにわたりAudi Sportのファクトリーチームとして活躍。2014年、2015年にそれぞれ年間1勝と勇躍の時を経て、2016年にはシーズン4勝を挙げて見事にワールドチャンピオンの称号を手にしていた。

 2018年を最後に一旦このプログラムは終焉を迎えたものの、エクストローム自身はドライバーとして2019年のベルギー・スパ戦にワイルドカード参戦を果たし、今回復帰参戦が決まったチーム母体、JC Raceteknikとともに戦った経験を有しており、同年秋には同じパッケージでラリークロス・ノルディックにも出場している。

 今回実現したエクストロームのWorldRX復帰は、すでに2020年シーズンに向けKYB Team JCのレギュラーに起用されていたラトビア出身のヤニス・バウマニスが、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの影響で予算上の問題が生じたことが発端となった。

「ラリークロス用のマシンは速くて面白いし、ドライブするときはいつだって最高に楽しいものだ」と復帰の喜びを語ったエクストローム。

「昨年、地元スウェーデンのティエップで開催されたイベントで、ロビン(ラーソン)をサポートする機会があって、それ以来のJCとのジョイントはとても良い感触だよ」

JC Raceteknikは、2020年シーズンのエントリー名をKYB Team JCとし、2台のアウディS1を走らせる
僚友ロビン・ラーソンは、2020年6月開催のRallyX Nordic開幕戦”All-Star Magic Weekend”で優勝を飾っている

■「目標は入賞」と控えめなエクストローム 

「それにロビンは、今年すでにホーリエスで優勝している(ラリークロス・ノルディック開幕戦“All-Star Magic Weekend”)し、すでにウォームアップは完了している感じだね。この週末の僕のプライオリティは『最大限に楽しむこと』だ」と続けたエクストローム。

「もちろん、勝つことを夢見ていなかったら、それは競争を止める日だと思うけど、現実的な目標は(入賞)トロフィーの獲得だ。状況に応じてリアリスティックに物事を見極めないとね」

「ホーリエスでの週末はいつだって特別なものだが、無観客での開催になり僕にとっては少し奇妙な感じがするだろう。それでも、レースを前にワクワクしているよ」

 JC Raceteknikのチーム代表を務めるジョエル・クリストファーソンは「アウディS1に急遽の空きシートが出てしまったため、我々のチームで2度のゲストを務めてくれたマティアスに連絡したんだ」と、この復帰劇の舞台裏を明かした。

「私がそう感じていたように、マティアスもまたホーリエスでRXスーパーカーをドライブするのは楽しいだろうということに同意してくれた」と続けたクリストファーソン代表。

「彼は多くのヒントとトリックを備えたドライバーであり、我々のマシンは彼のEKSから技術提携とサポートを受けているアウディS1だ。このクルマを託すなら、それはマティアス以外にあり得ないだろう」

「ロビン・ラーソンと我々チームにとって、ホーリエス戦で彼を迎え入れるのは間違いなく有利になる。もちろん、ヤニス(バウマニス)が戦列を去るのは悲しいことだ。彼とのコラボレーションを楽しみにしていたからね」

「しかし、COVID-19の全体的な状況を考えると、このような事態が起こる可能性を誰もが理解している。将来的には、彼とふたたび一緒に仕事ができることを願っている」

Team EKSを通じて同チームの技術サポートも行ってきたマティアス・アクストローム。2019年はワイルドカード枠で参戦している
開幕戦へのエントリーがアナウンスされたマティアス・エクストロームだが、その後のイベントに関しては言及されていない