「軽自動車と侮るべからず!」ゼロヨンを楽しむ軽ドラッガー仕様を徹底チェック!

200馬力オーバーはもはや珍しくない!?

全開走行を楽しむパワーチューン派の軽フリークたちの愛車をチェック!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ACTIVE BODYWORKS TAKAOカプチーノ(EA21R)

ベストタイム:12秒7

GT-Rサイズのドラスリを組み込み、チョロQのようなフォルムで400メートルを爆走する姿が目立ったカプチーノ。エンジンは、フルチューンされた720cc仕様のF6Aにレガシィ用RHF4タービンをセット。そこにNOSによるドーピングでMAX200psオーバーの出力を誇る。これまでの自己ベストはセントラルサーキットで出した12秒7というから驚きの俊足っぷりだ。

作りは本格的で、室内にはアメリカのドラッグ車両を思わせるロールケージも仕込まれ、減速用のドラッグシュートもプアなブレーキを補うために装備。駆動系トラブルが最近の悩みの種なのだとか。ちなみに、オーナーは福岡県の“ガレージアクティブ”でボディワークを担当するメカニックだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CAD水色カプチーノ(EA11R)

ベストタイム:13秒876

2019年のドラッグフェスティバルKカーSクラスで優勝したカプチーノだ。オーナーは6年のブランクを経てゼロヨンに復帰したリターン組。愛車のエンジンは、トラストのピストンを利用して排気量を698㏄までアップし、タービンも軽カーでは定評のあるRHF5をセット。これまでの自己ベストは13秒フラットとのことだが、これから徐々にタイムを上げて12秒入りを目指す!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

36160アルトワークス(HA36S)

ベストタイム:14秒065

これまでは、サーキットでのスポーツ走行に合わせてチューニングを進めていたというこのアルト。セントラルサーキットのベストタイムは1分36秒と、軽カーとしてはトップクラスだ。エンジンはノーマルのままタービンをIHIのRHF5に変更し、そこにNOSを追加。164psのパワーで14秒台前半の好成績を収めている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カプチーノ愛護協会カプチーノ(EA11R)

ベストタイム:14秒664

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

60レーシング36アルトワークス(HA36S)

ベストタイム:16秒498

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピットロードM☆プロバイルコペン(L880K)

ベストタイム:18秒129

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とことこお買い物ミラbyNRミラ(L275V)

ベストタイム:18秒500