ポルシェ911 GT3ツーリングの開発車両が市販へ向けファイナル・テストラン

■現行型では6速MTを採用。新型ではPDKがオプション設定の可能性も

ポルシェ「911」(992世代)に設定される高性能モデル「911 GT3ツーリング」のプロトタイプをカメラが捉えました。

ポルシェ 911 GT3ツーリング_004
ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ

開発テストが終盤に入っているプロトタイプはカモフラージュも軽く、あちこちに数センチの黒いテープとリアバンパーに偽のプラスチックパネルを装着しているのみです。

「GT3」との最大の違いは大型固定リアウィングがなく、代わりに電気アクティブスポイラーを装着している点です。また細いスポークを備える新設計のセンターロック式ブラックアロイホイール、赤いブレーキキャリパーなども見てとれます。

ポルシェ 911 GT3ツーリング_008
ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ

最新のプロトタイプには2人が搭乗していることにも注目です。テストドライバーに加えて、ラップトップを手にするオペレーターも確認でき、おそらく市販へ向け最終的なデータを集計しているはずです。

パワートレインは、GT3同様に4.0リットル自然吸気フラット6エンジンの改良バージョンが搭載される見込みです。最高出力は550psで、現行型の494psから大きくアップデートされます。現行型では6速MTが採用されていますが、新型ではPDKがオプション設定される可能性もあるといいます。

ポルシェは新型911 GT3を9月に発表予定ですが、ツーリングも年内に登場すると予想されています。

(APOLLO)