新型タフトのデザインは若い男性を意識? 厚いボディとスリムなキャビンでタフさを表現

●軽のSUVが新ジャンルとしてスタンダードになった!?

2019年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカーのイメージを、ほぼそのまま踏襲した新型タフト。エクステリアデザインの成り立ちについて、チーフデザイナーの皆川氏に話を聞きました。

タフト・メイン
厚みのあるボディ面と薄いキャビンの組み合わせでタフさを表現したボディ

── まずはじめに、新型タフトは既出の「キャスト・アクティバ」を参考にしたと聞きますが、同車のデザインについてはどのように評価していますか?

「キャストは3つのシリーズを持っていましたが、その中でアクティバはSUVらしさを出せていたと思います。ただ、お客様のニーズに対しては個性という点でチョット弱かった。そこで、今回は若年層の男性が基幹車種として買えるクルマを想定しました。同時に、最近の女性もタフさや力強さを感じるファッション感覚を持っていますので、そこは強めに振り切っても大丈夫だろうと」

── SUVはいまやマーケットの主役ですが市場にはクーペ風などさまざまなタイプがあります。その中で今回「箱型」としたのは?

「新型のキーワードである「Back packスタイル」から、タフさや道具感を打ち出したかった。荷物を積んでガンガン使ってもらうため、容積もしっかり確保したスタイルである必要があったわけですね」

── 全高は1630mmと若干低めですが、ボンネットフードは下げずに水平としましたね

「ここは日常の使い勝手と純粋なカッコよさのバランスですね。楽しいクルマであると同時に適度な目線の高さを確保するため、開発初期の段階でこのプロポーションは決まりました。フードは、スクエアなフォルムへのこだわりと運転席からの車両感覚の確保が理由です」

タフト・サイド
リアウインドウとリアホイールアーチは前方に突き刺さるイメージ

── 厚みのあるボディ面をはじめ、直線基調ではありますが、フードの先端やルーフ後端など、意外に曲面も多用していますね

「軽のサイズ枠の中でどうやって存在感を出すか。水平かつ直線基調で全体の大きさを表現していますが、それだけだと平面的でカタマリの強さがなくなってしまいます。そこで、要所に丸い断面を用いることで力強さを表現できるわけです」

── リアウインドウは、ナナメのピラーとともにフロントに突き刺さるようなラインが入っています。リアホイール前方も同じ表現ですが、この意図は?

「ここは最初のキースケッチからの発想で、「Back pack」から用途を限定しない使い方を提示したかった。軽は通常1~2名乗車ですから、前が客室で後ろは趣味の荷物を積み込む場所。そのため、リアウインドウ上面を1段下げて前後の違いを明快に出しています。分かれているようで分かれていない、そんなイメージですね」

── 前後ホイール間のボディ下部に広いカバーを付けなかったのはなぜですか?

「ひとつはドアの高さ方向の厚みをしっかり出すこと。それによってカタマリ感や力強さが出て、薄っぺらさが消えるんです。もうひとつは、ボディ下部を広いカバーで覆うと、タイヤの大きさ、存在感が負けてしまう。もちろん、ロードクリアランスをしっかり取ったリフト感も意識しています」

タフト・リア
サイドに合わせた薄いリアガラスと厚いバンパーが道具感を表現するリアスタイル

── では最後に。新型はライバルとしてスズキのハスラーやジムニーと比較されがちですが、デザイン部署としてはそこをどう捉えていますか?

「デザイン部でも当然意識していますよ(笑)。ハスラーはヒット作ですから、売れているクルマとしてベンチマークとしています。ただ、商品として似ているとは思っていませんし、まったく異なるクルマです。それよりも、軽のSUVが新ジャンルとしてスタンダードになったことが大きいでしょう。ニッチではなく柱となる商品。比較されるのはジャンルが確立された証と考えたいですね」

── 意識するのであれば、より高い次元でお互いを見るということですね。本日はありがとうございました。

タフト・デザイナー
[語る人] ダイハツ工業株式会社 デザイン部 第1デザイン室 主担当員 皆川 悟 氏

(インタビュー・すぎもと たかよし)